春の港で簡単に釣れる魚 大物がいない時は根魚を狙おう - よろずや 情報館

Post

        

春の港で簡単に釣れる魚 大物がいない時は根魚を狙おう

category - 釣り
2018/ 05/ 29
                 



春の港での釣りはとても難しいです。ルアーフィッシングをしてもなかなか大物は泳いでいないし、イカを釣ろうにも1日粘ってやっと釣れる感じです。

そんな時はたくさん釣れる根魚狙いで釣りをすると楽しむことができます。

大物を狙いたいけど、まったく釣れない時は考えかたを変えて釣りをしましょう。

■目次


 ▶メバル、カサゴ
 ▶サビキとオモリ
 ▶餌はエビ
 ▶一気に足元に
 ▶まとめ

■メバル、カサゴ



春魚があまり釣れない時はメバル、カサゴ狙いで釣りをすると数が釣れるので、とても楽しめます。

実際に技術もまったく必要がなくてエサを着けて底まで落とせば、エサを食ってきますので子供でも楽しめます。

カサゴやメバルを狙っていてもオオモンハタや他の根魚も釣れるので、何が釣れるのかドキドキ感も味わえます。

目次にもどる

■サビキとオモリ



釣る道具はサビキと10グラム程度のオモリで釣ることができます。

サビキはアジを釣る少し大きめのサビキがいいと思います。あまりにも小さい針だと針ごと食いちぎられたりエサも付けにくいので少し大きめの針がおすすめです。

サビキとオモリだけで道具はオッケーです。他に何も入りません。誰でも簡単にできると思います。

目次にもどる

■エサはエビ



サビキの針は5~6本は付いているのでそれにオキアミのエビを針に付けていきましょう。

オキアミのエビだと400円~500円くらいで
1日釣ってもエサはなくならないのでとてもコスパはいいと思います。

エサはかなりエサだけとられることが多いので、安いオキアミくらいが丁度いいです。

また余ったオキアミのエビは凍らしておけばまた次も使えるので、1つのオキアミで2~3回は釣りを楽しめると思います。

オキアミの選び方はできるだけ大きなエビを凍らしてあるオキアミを選ぶとエサを付けやすいので大きめのエビを選ぶようにしましょう。

目次にもどる

■一気に足元に



港でカサゴやメバルを狙う時は一気に10グラムあるオモリで底まで沈めて糸が緩まないように竿を持っておきます。

港では自分のすぐ足元に落下させるようにしましょう。遠くに投げてもほとんどいません。自分の足元が1番よく釣れます。

港の岸に身を潜めているんだと思います。みんな遠くを見て釣りをしているんですが、カサゴやメバルを狙う時は足元を狙って釣りをしましょう。

目次にもどる

■まとめ



大物を狙った釣りはいくら頑張っても釣れない時は釣れません。そんな時はカサゴやメバルを狙った釣りをおこなうととても楽しむことができます。

エサを足元に落としこむ
だけですぐにあたりがくるので子供連れの家族などは丁度いいと思います。

メバルやカサゴは食べてもとてもおいしいのでから揚げやみそ汁にして食べてみましょう。

数が釣れると大物狙いもできるのでどちらの釣りも一度に楽しむこともできます。

なかなか魚が釣れない人は試しに根魚狙いの釣りも楽しんで下さい。

目次にもどる
関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント