2019年08月 - よろずや 情報館

2019年08月

        

アシストフックを自作とても簡単にできる作り方

category - 釣り
2019/ 08/ 23
                 



ダイソーのメタルジグを購入してもアシストフックがなかったりショアスローの釣りをしたい時はシングルフックやアシストフックが必ず必要になります。

アシストフックを購入するとだいたい一本60円くらいしてしまいます。メタルジグに3本付けてしまえばかなりの値段になってしまいます。

100円のメタルジグに付ければメタルジグよりフックのほうが高くなってしまいます。

そこで一本20円くらいで簡単に自作できる方法を紹介します。

■目次



 ▶材料

 ▶結び方

 ▶専用のペンチ

 ▶岩場にトライできる

 ▶まとめ

■材料



材料はいたってシンプルです。釣具コーナに売っているアシストラインと




安いチヌ針かわせみ


スプリットリング


アシストフックの作り方はとても難しそうに載っていますが自分はこれだけの道具で十分だと思っています。

目次にもどる

■結び方



1番重要なのは結び方です。簡単な結び方でも少しでも間違うとすぐにほどけてしまうのでしっかりマスターしましょう。

自分はまずアシストラインを15センチくらい余裕のある長さに切ってスプリットリングに結びます。

この時にオススメなのが、漁師結びです。リングに結ぶ時は1回転で結んでもきつくしめれば十分な強度になります。


分からない方は下を参考に
リングの漁師結び

次に針とアシストラインを結ぶ方法ですが、こちらも漁師結びです。リングとの結び方と違いますが、とても簡単な結び方です。



下を参考にして下さい。
漁師結び(針)

とても簡単ですが、少しでも間違えるとすぐに針から外れてしまうので、間違わないように結びましょう。

またアシストフックはリングと針の間隔はとても短いので針を漁師結びする時に短く結ぶようにすると上手く調整できるので長くなってしまう人は針を結ぶ時に意識しましょう。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

auガラホの料金プランの選び方 安くガラホを使おう

category - ガラホ
2019/ 08/ 14
                 



ガラホを3年使って、いまだに同じ機種を使い続けています。

ガラホの種類はauのSHARP、AQUOSK SHF33です。

ガラホはガラケーより料金が高くなるので料金プランをできるだけ抑えたいところです。

しかしあまりにも料金を抑え過ぎるとガラホの機能を思う存分使えなくなってしまいます。

そこでガラホに合った料金プランを選んでガラホの特徴を最大限に生かして使えるようにしましょう。

■目次



 ▶データ定額1

 ▶スーパーカケホ

 ▶割引を適用

 ▶スマートバリューは適用されない

 ▶まとめ

■データ定額1



ガラホの料金プランは主に使っただけかかるダブル定額と最初から料金が決まった通信料定額プランに分けられます。

通信をまったく使わなければダブル定額のほうがいいですが、少しでも使うと一気に通信料が4000円台に跳ね上がって
しまいます。

するとダブル定額の通信を使うのが怖くなり通信したくなくなります。せっかく何でも使えるガラホを持っているのにケチケチになってしまいます。

ある程度思いきって使うのならデータ定額の1、1GB使えて2900円の定額プランがおすすめです。

1GBあればかなりガラホを使いこなすことができます。しかも2900円以上はかかりませんのでとってもお得です。

目次にもどる

■スーパーカケホ



通信料が決まったら次に重要なのは通話料です。通話は通常30秒20円ほどですが、頻繁に通話する人は通信料よりも通話料を気にしなくてはいけません。

通話料が高いとせっかく電話を持っているのに通話料を気にしてしまい電話をかけたくなくなります。

そこでおすすめなのはauのプランにあるスーパーカケホの5分以内はいくらかけても無料のプランです。

自分の場合は割引を適用して月々1200円で使っています。どんどん電話しても無料なので通話を思いきって使っています。

目次にもどる

                         
                

続きを読む