釣り - よろずや 情報館

釣り

        

100円ショップのメタルジグの釣果 100円でも本当に魚は釣れるのか

category - 釣り
2019/ 07/ 20
                 



海でルアー釣りをする時に使用するルアーといえばメタルジグが代表的です。

メタルジグは鉛のかたまりで重いので遠くに飛び海底まで落ちていくので海底から海面まで色々な層を探って釣りをすることができます。

そんな便利なメタルジグですが、欠点があります。それは海底に落とした時に根掛かりをしてしまい失ってしまうことです。

通常メタルジグは500円から1000円くらいします。

運の悪い時は第1投から根掛かりしてしまい高価なメタルジグとさよならしなければいけなくなります。

そんなメタルジグの釣りで無くしてもそんなに痛手には感じないダイソーの100円メタルジグを使ってみることにしました。

100円のメタルジグでも本当に釣れるのか挑戦です。

■目次



 ▶18グラム

 ▶色の選び方

 ▶釣果は

 ▶グローにも挑戦

 ▶まとめ

■18グラム



ダイソーのメタルジグではおもに18グラムと28グラムが売られています。

通常メタルジグを買おうとすると大きくて重い28グラムを選びたくなりますが、自分が選ぶのは18グラムです。

ちょうど自分のロッドが20グラム前後のメタルジグを扱いやすいのと、スロージギングをやりたいので18グラムのメタルジグを選びます。

また軽いので扱いやすいし、18グラムでも飛距離は十分に出ます。

目次にもどる

■色の選び方



ダイソーで売られているメタルジグは、グリーン、ピンク、オレンジ、ブルー、シルバー
と豊富に売られています。

どのメタルジグを選ぶのかというとそれはとりあえず100円なので全部買ってみることです。

5種類全部買っても500円です。高いメタルジグではカラーローテーションしようとすると何千円も出してルアーを購入しないといけないですが、ダイソージグは普通に揃えることができます。

色々な色を使えるというだけでダイソーのメタルジグは釣果がアップするように思えます。

目次にもどる


                         
                

続きを読む

                 
        

ライトショアジギングのおすすめは?ロッドの決め方

category - 釣り
2019/ 06/ 26
                 



初めてライトショアジギングに挑戦しようと言う方へ良いロッドの選び方を紹介したいと思います。

ライトショアジギングをしようとロッドをインターネットで調べてみると色々なメーカーが出てきて、しかも色々な種類があっていったい何を選んでいいのかわかりません。

そんな方はたくさんいると思います。ロッドの簡単な選び方はあります。

■目次



 ▶使うルアーの重さ

 ▶釣りに行く場所

 ▶釣りたい魚

 ▶まずはお手軽なSSJ

 ▶まとめ

■使うルアーの重さ



ライトショアジギングと一言でいっても使うメタルジグの重さは10グラム~100グラムくらいまで幅広く売られています。

メタルジグは重くなるにつれ大きくなり当然大物狙いになります。

固くて長いロッドで重たいメタルジグを飛ばすと
いう風になります。

また海中にメタルジグが沈む早さも早くなり重たいメタルジグは深い海で釣りをするのに適しています。

ロッド選びをする時にとても大切なのは何グラムくらいのメタルジグを使うかということである程度ロッドをしぼり込むことができます。

Tシャツを購入する時にS、M、L、Oとサイズがあるように、ロッドにも何グラムのメタルジグを投げるかで3種類から4種類のロッドがあるのが分かります。

後はメーカーが違ったり名前が違うだけで必ず投げるメタルジグの重さでカテゴリー分けされています。

同じロッドの名前でも3種類4種類はありますので気をつけてロッドを選びましょう。

目次にもどる

■釣りに行く場所



ライトショアジギングのロッドを選ぶときに釣りをする場所によっても選び方を考えなくてはいけません。

大型の魚がよく釣れる場所では大きいメタルジグで30グラム40グラム
を投げれるロッドを選ばなくてはいけません。

沖の堤防の深い場所や、沖磯などはPEラインも2号くらいを巻いて投げれてさらに重いメタルジグを投げるのでさらに強い竿を選ばなくてはいけません。

しかし一般の人が釣りをする場所と言えばすぐ近くの防波堤や港が多いと思います。

そんな場所で釣りをする場合はメタルジグは20グラム以下を使用することが多くなるので20グラム前後を使用できるロッドを選ぶとバランスの良い釣りを楽しむことができます。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

ルアーフィッシングおすすめの一本釣り竿選び

category - 釣り
2019/ 04/ 17
                 



ルアーフィッシングと一言でいっても色々なカテゴリーがありそのカテゴリーによってロッドも変更するのが通常の流れとなっています。

しかしカテゴリーごとにロッドを変更しているとロッドやリール、ラインもたくさん準備しなくてはいけません。

使わない時は邪魔になってしまいます。

そうならない為にも1つのロッドで色々な釣りを楽しむ為にルアーマチック86MLを紹介したいと思います。

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S86ML 8.6フィート


■目次



 ▶シマノ製

 ▶エギング

 ▶ライトショアジギング

 ▶ラインやリール

 ▶まとめ

■シマノ製



ルアーマチック86MLはアマゾンで人気のルアーフィッシングに適しているロッドです。しかも価格は6000円くらいで手軽に購入できます。

しかもシマノ製で6000円の割には作りはしっかりしています。

ロッドのカテゴリーはシーバスロッドですが、釣り全般に使えます。

一本で色々な釣りが楽しめます。

目次にもどる

■エギング



ルアーマチックの86MLでもエギングが楽しめます。シーバスロッドなので多少大きなイカがかかっても心配ありません。

ロッドパワーでぐいぐい引っ張れます。

またイカが釣れない時はすぐに他の釣りをできるのも魅力です。

エサ釣りやジギングなどにスイッチできるのでルアーマチックは便利です。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

ルアーマチック86MLのシーバスロッドで始めてシーバスを釣りました。

category - 釣り
2019/ 03/ 23
                 



ルアーマチックの86MLはシマノが販売しているルアー専用のロッドです。

アマゾンでは6000円くらいで販売されており、コスパが良いとベストセラーになっているロッドです。


ルアーマチックの86MLはカテゴリーでいうとシーバスロッドとされているので、1メートルくらいのシーバスまでくらいならやりとりできるのだろうと思って購入しました。

シーバスは簡単に釣れるのだろうと思っていたのですが1年間釣りに出かけてもシーバスは1回も釣ることが出来ませんでした。

そしてとうとうこのロッドでシーバスを釣るのに成功したのでその時の状況をまとめてみました。

丁度1年2ヶ月経った時に釣り上げることができました。

■目次



 ▶朝マヅメ

 ▶メタルジグ

 ▶ワンピッチジャーク

 ▶シーバスを釣り上げる

 ▶シーバスの味

■朝マヅメ



さすがに1年間、来る日も来る日も竿を振り続ければどのような時間帯に釣りをすればいいか分かってきます。

それは朝まずめです。この時間帯が魚が良く釣れる時間帯です。

最初の頃は昼間に何時間もシーバスを釣り上げようと必死に粘りましたがまったく釣果に恵まれず時間だけが過ぎていきました。

しかし朝まずめの1時間に釣りをすることでかなりの釣果を上げられることが分かりました。

シーバスを釣り上げたのも朝まずめの時間帯です。

目次にもどる

■メタルジグ



シーバスを釣り上げる為のルアーはたくさん販売されており、いったい何を使って釣りをすれば釣れるのかまったく分かりません。

ミノーやシンキングミノーだったりペンシルやワームなどシーバスを狙うルアーはたくさんあります。

最初の頃は何を使って釣れば良いのか分からなかったので色々なルアーを使いました。

すると1番万能なルアーはメタルジグであることが分かりましたや。メタルジグは操作次第では、すべての層を泳がせることができるし、色々な泳がしかたもできまし。

シーバスを釣り上げたのもメタルジグでワンピッチジャークをしている時にガツンと食ってきました。

目次にもどる


                         
                

続きを読む

                 
        

スーパーライトショアジギングでブリを釣る時のドラグ調整

category - 釣り
2019/ 03/ 13
                 



魚釣りをせっかくするのだから色々な魚を釣りたい。そんな人はたくさんいると思います。

そんな方の多くはお手軽にルアー釣りをできるスーパーライトショアジギングがおすすめです。

ロッドもお手頃な価格で購入できて軽いので始めやすい釣りでもあります。

釣る魚も小さい魚から中型の魚くらいなので、釣った後も調理しやすいので食べる目的で釣りを楽しむことができます。

そんなスーパーライトショアジギングでも時には大物がかかる場合があります。

自分も釣るはずのないブリがかかって大慌てしたことがあります。

大慌てしましたが釣り上げに成功したのでスーパーライトショアジギングで急な大物がかかっても釣り上げる為の方法を載せたいと思います。

■目次



 ▶ゆるゆるドラグ

 ▶疲れさせる

 ▶ドラグを締める

 ▶臨機応変に

 ▶まとめ

■ゆるゆるドラグ



スーパーライトショアジギングをしていてブリのような大物がメタルジグに食いついたことがあります。

しかしかかったと同時に合わせにいった途端に一瞬にしてラインを切られるということがありました。

それは簡単にいうとドラグを締めていたからです。大きい魚は5㎏~10㎏なんて普通にいます。

そんな魚が上層を泳ぐメタルジグに食いついて反転して一瞬にして潜っていくとします。そのスピードと言ったらものすごい早さです。

そんな時ラインにかかる負荷は10㎏以上大物だとかかる可能性があります。

ロッドでいなしても間に合わない速度で反転されたらどんな強いラインでも切れてしまいます。

10㎏に耐えられるラインはかなりの号数になってしまいます。

そこで大事なのはゆるゆるドラグです。ドラグを緩めておけばものすごいスピードで食いつかれてもラインブレイクを防いでくれます。

ラインブレイクが1番心配なのは食いつかれて数十秒です。魚がフルパワーで引っ張ってきてもそこを耐えれることが大事になります。

目次にもどる

■疲れさせる



スーパーライトショアジギングの軽いタックルで大物が釣れたときに焦らずに行うことは、持久戦に持ち込むことです。

ゆるゆるドラグで調整しているとものすごい勢いで走られます。しかし日頃からドラグの調整を練習していると走らせてからドラグを少し締めたり緩めたりと調整できるようになるので上手く使い分けて魚を疲れさせることが大切です。

魚が疲れるとドラグを再び緩めていてもそんなに走られることはないのでラインブレイクを防いで巻き上げることができます。

ドラグを急に締めすぎても魚が頭を強く振るとラインブレイクしてしまう可能性があるのでしっかり魚を疲れさせて釣り上げることを目標にドラグの調整を行いましょう。

目次にもどる
                         
                

続きを読む