2019年06月 - よろずや 情報館

2019年06月

        

ライトショアジギングのおすすめは?ロッドの決め方

category - 釣り
2019/ 06/ 26
                 



初めてライトショアジギングに挑戦しようと言う方へ良いロッドの選び方を紹介したいと思います。

ライトショアジギングをしようとロッドをインターネットで調べてみると色々なメーカーが出てきて、しかも色々な種類があっていったい何を選んでいいのかわかりません。

そんな方はたくさんいると思います。ロッドの簡単な選び方はあります。

■目次



 ▶使うルアーの重さ

 ▶釣りに行く場所

 ▶釣りたい魚

 ▶まずはお手軽なSSJ

 ▶まとめ

■使うルアーの重さ



ライトショアジギングと一言でいっても使うメタルジグの重さは10グラム~100グラムくらいまで幅広く売られています。

メタルジグは重くなるにつれ大きくなり当然大物狙いになります。

固くて長いロッドで重たいメタルジグを飛ばすと
いう風になります。

また海中にメタルジグが沈む早さも早くなり重たいメタルジグは深い海で釣りをするのに適しています。

ロッド選びをする時にとても大切なのは何グラムくらいのメタルジグを使うかということである程度ロッドをしぼり込むことができます。

Tシャツを購入する時にS、M、L、Oとサイズがあるように、ロッドにも何グラムのメタルジグを投げるかで3種類から4種類のロッドがあるのが分かります。

後はメーカーが違ったり名前が違うだけで必ず投げるメタルジグの重さでカテゴリー分けされています。

同じロッドの名前でも3種類4種類はありますので気をつけてロッドを選びましょう。

目次にもどる

■釣りに行く場所



ライトショアジギングのロッドを選ぶときに釣りをする場所によっても選び方を考えなくてはいけません。

大型の魚がよく釣れる場所では大きいメタルジグで30グラム40グラム
を投げれるロッドを選ばなくてはいけません。

沖の堤防の深い場所や、沖磯などはPEラインも2号くらいを巻いて投げれてさらに重いメタルジグを投げるのでさらに強い竿を選ばなくてはいけません。

しかし一般の人が釣りをする場所と言えばすぐ近くの防波堤や港が多いと思います。

そんな場所で釣りをする場合はメタルジグは20グラム以下を使用することが多くなるので20グラム前後を使用できるロッドを選ぶとバランスの良い釣りを楽しむことができます。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

auガラホの料金プランを見直す 1番良い料金プランとは

category - ガラホ
2019/ 06/ 13
                 



auガラホを使い続けてきてできるだけ安い料金で使用する為の料金プランを設定試行錯誤してきました。

1番安く使おうとしたら通話料金の基本料金が安いVKプラン(980円)と通信料金最安値のダブル定額を合わせて使うプランでした。

しかし使い続けていて、通話も通信も普通に使ってしまうと、かなり料金が高くなったので見直してみました。

■目次



 ▶ラインを使えばお金が高くなる

 ▶通話は30秒20円

 ▶月々1万円

 ▶カケホと定額1GB

 ▶まとめ

■ラインを使えばお金が高くなる



auの料金プランのダブル定額はまったく使わなかったら通信料は500円で済みます。

しかし200MB以上使うと通信料は4200円の定額の上限に達してしまいます。

200MBまでは使った分だけの支払いになります。

200MBとは0,2GBです。200MBなんてすぐに使ってしまいます。

特に普段使っているLINEは要注意です。ラインで動画を送受信したり、大量の写真を送受信することで200MBなんてすぐに越えてしまいます。

目次にもどる

■通話は30秒20円



VKプランは通話の料金プランです。1番低い料金プランで基本料金が998円です。

無料通話が1100円分付いています。

しかし通話料金は30秒20円です。1分40円です。めちゃくちゃ高いです。公衆電話より高いです。

30分話をしたら無料通話はなくなってしまいます。

携帯を持っているのに電話をかけたくありません。

1ヶ月単位で考えていけば30分の無料通話だけでは絶対に足りません。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

文字を写真で写してwordに変換 officelensの使い方とワード

category - おすすめ情報
2019/ 06/ 01
                 



PDFの文章をワードに変更したい。そう思ったことのある人はたくさんいるはずです。

しかしなかなかPDFを無料で編集できるソフトやアプリはありません。

有料だとあるんですが、できれば無料で変換したいものです。

そこで簡単にワードにすることができる方法を紹介します。

■目次



 ▶officelens

 ▶完璧にはできない

 ▶手直しのしかた

 ▶他の文章もワードで取り入れる

 ▶まとめ

■officelens



officelensはマイクロソフトがアプリとして出しているスキャナーアプリです。

スキャナーと言えばコピー機で使用するだけのものと思ってしまうかもしれませんが、スマホで写真で写して保存するだけでまっすぐに用紙に合わせて取り込むことができます。

そして撮った写真から自動でワードの文章に変換も可能になります。

今までわざわざ文章をいちから打ち込む作業をしなくていいんです。写真でカシャっと撮ってワードに変換するだけでいいんです。



目次にもどる

■完璧にはできない



officelensで紙に印刷してある文章などを取り込む場合写真を写す角度などによっても正確に文字を取り込めずに違った文字でスキャンしてしまうことがあります。

また罫線や紙の折り目などもワードで取り込む場合は正確にスキャンできなかったり折り目で次のページに移動してしまいます。

だいたい8割はスキャンできるが、2割は手直しが必要だと思っておこないましょう。

目次にもどる


                         
                

続きを読む