卓球試合に勝つ方法主戦武器を身に付けよう - よろずや 情報館

Post

        

卓球試合に勝つ方法主戦武器を身に付けよう

category - 卓球
2017/ 12/ 15
                 
いろいろな技術はできるけど試合になったらなかなか勝てない選手がいます。

練習では全ての技術がまんべんなく上手にできるのに試合になったら何をしていいのかわからない

そんな選手は自分の得意な主戦武器を作りましょう。

試合では自分の得意なパターンをたくさん出せた方が有利に試合を運べます。

ではどのような主戦武器を作ったら良いのでしょうか。

■目次


 ▶フォアハンド
 ▶バックハンド
 ▶サーブ
 ▶レシーブ
 ▶まとめ

■フォアハンド


フォアハンドで主戦武器とするのがドライブとスマッシュです。そして同時に練習しないといけないのがフットワークです。

ひと昔前はオールフォアハンドの卓球が強かった時代があります。フォアハンドで常に攻撃をしかける方法です。

バックハンドでは打ちにくいボールでもフォアハンドで動いて打っていきます。

フォアハンドは威力が強くどの戦型の選手と対戦しても使える主戦武器です。
目次にもどる

■バックハンド



バックハンドでの主戦武器もドライブとスマッシュがあります。

フォアハンドよりもバックハンドをたくさん使ってポイントをたくさんとります。

バックハンドはフォアハンドと比べて手首を使ってピッチを早くして打球ができるのでより攻撃的に攻めていけます。

前でプレーするひとはバックハンドが強くても良いかもしれません。

しかしカットマンなどと対戦すると、どうしてもバックハンドだけでは打ち抜けないので対戦相手によっては工夫が必要です。

目次にもどる

■サーブ



技術が平均的にできれば得意な技術をサービスにしても良いかもしれません。

サービスは1球目攻撃です。3球目有利な展開に持っていければ試合に勝つ確率がとても高まります。

サービスを主戦武器として位置づけて、先手必勝というパターンを身に付けましょう。

気を付けたいのがレシーブの上手い相手との対戦です。レシーブが上手いと自分の持ち味を出せないので、さらにサーブ力を高めなければなりません。

目次にもどる

■レシーブ



レシーブを強化して試合の主導権を握ることができます。現代の卓球ではチキータなどのものすごく回転のかかった攻撃的なレシーブが開発されています。

レシーブから先手をとれるようになっているので試合を有利に進めることができます

チキータがあまり利かない選手であったりカットマンとの対戦では、他の技術も必要になるので、

他の技術も修得して、チキータなどのレシーブを主戦武器として使えば試合で勝つことができます。

目次にもどる

■まとめ



試合で勝つには自分の得意技が必要です。いろいろな技術ができても試合では組み立てが必要です。

自分の得意とする主戦武器を作ってパターン化してより多くの有利なパターンを作ることができれば試合には勝てます。

自分の主戦武器を決めるのは自分ですが、客観的にみてもらい自分の良い技術を伸ばしていくとさらに強くなれます。

どの技術でも良いので他の人に負けない技術を修得しましょう。

目次にもどる










関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント