卓球のバックハンドの表ソフト打ち方 勝てるバックハンド - よろずや 情報館

Post

        

卓球のバックハンドの表ソフト打ち方 勝てるバックハンド

category - 卓球
2018/ 10/ 14
                 



シェークハンド異質攻撃型のバックハンドで表ソフトを使っている人は多いと思います。

表ソフトを使いこなすことはとても難しく慣れるまではたくさんの練習時間を必要とします。

使いこなせるようになると両ハンドシェークの攻撃型にも負けないようになるのでたくさん練習して表ソフトのバックハンドを身につけましょう

■目次



 ▶打ち方はいくつもある

 ▶自分に合った打ち方

 ▶バック対バック

 ▶フォアも強化

 ▶まとめ

■打ち方はいくつもある



表ソフトのバックハンドの打ち方と言っても打ち方は人によって違い、一種類だけに限定される訳でもありません。

手首を使う人や、手首をあまり使わずに前腕を多く使って押し出すように打つ人、またどちらも使える人など打ち方は多様です。

また表ソフトの粒の形状によって打ち方を変えていかないと上手く表ソフトを使いこなすことはできません。

自分にあった打ち方を見つけることがとても大切になります。

目次にもどる

■自分に合った打ち方



自分にあった打ち方を見つけるには基本的には動画などを見て振りのコツさえ掴めればあとは反復の練習しかありません。

表ソフトでバックハンドを打つためには普通のボールだけを打つだけではダメです。ナックルボールや下回転のボール、ドライブ回転を打つことができなければ、試合に勝つことができません。

バックハンドのスイングもそれぞれのボールに合わせて手首を使ったり、手首を固定して打ったりすることができます。

多球練習などでたくさん練習してそれぞれのボールに対する打球方法を身に付けましょう。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■バック対バック



ある程度表ソフトでのバックハンドのスイングができるようになったら、試合で使えるように練習することが大切です。

その為にはバックサイドだけでバック対バックのゲーム練習をするととても効果的です。

サーブはフォアハンドのサーブでいいんですがレシーブからはすべてバックハンドだけ使う練習です。

バックハンドしか使わないので試合でバックハンドを振れるようになる為にはバック対バックの練習をたくさんすることが近道です。

目次にもどる

■フォアも強化



ある程度バックハンドが振れるようになると次に気を付けなければならないのは、フォアハンドです。

試合ではバックハンドが振れてもフォアハンドが弱点になってしまっては勝つことができません。

バックハンドと併用してフォアハンドとフットワークはしっかり身に付けなければなりません。

特にフットワークはバックハンドができるからと言っておろそかにしてしまうと、ある程度のところで成長は止まってしまいます。

バックハンドと同じようにフォアハンドも練習しましょう。

目次にもどる

■まとめ



表ソフトのバックハンド
の習得にはとても時間がかかります。

しかし粘り強くバックハンドの練習をおこなうことで自然にバックハンドが得意になります。

1番良い練習はバック対バックの試合をすることです。バックの技術が向上するし、試合で有効なバックハンドを習得することができます。

表ソフトでのバックハンドが苦手という方は試してみてください。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント