サーフでの釣りかたスーパーライトショアジギング




サーフでメタルジグを使うとなると、どのようなアクションをして魚を釣れば良いかわかりません。いろんなことをしてもまったく釣れなくて、いったいどうすれば良いのか分からなくなってしまいます。

そこでスーパーライトショアジギングロッドを使うことをおすすめします。

サーフでの釣りと言えば硬い長いロッドで重いメタルジグを遠投するというイメージがありますが
なかなかアクションをつけにくく、底を取りにくいので堤防などで釣りをしている人にとってはとてもやりにくいと言えます。

■目次


 ▶なぜスーパーライトか
 ▶アクションの付け方
 ▶対象魚
 ▶大物も狙えるタックル
 ▶まとめ 

■なぜスーパーライトか



サーフでヒラメや大物を狙いたいのに何故スーパーライトショアジギングなのか。

それはスーパーライトショアジギングの釣りかたがサーフではとても有効だからです。

スーパーライトショアジギングのルアーウェイトは15グラム前後を使用します。軽いメタルジグを使うことでフォールの時にゆっくりメタルジグが落ちていくので、その時に魚をルアーに食いつかせることができるからです。

しゃくってからヒラヒラと落ちていくときに魚は食いつくからです。

重いルアーを使っているとなかなか難しいことです。

サーフでの釣りは水深があまりないのでできるだけゆっくりルアーが落ちたほうが魚にアピールする時間も増えます。
 
 ▶目次にもどる
 

■アクションの付け方


アクションの付け方はいたって簡単です。とにかくフォールで食わせることを意識してアクションをつけましょう。

しゃくる時に底を意識して釣りたいとは2回くらいしゃくってからフォール、で中層を意識したかったら3、4回、上層までなら5、6回しゃくってからフォールさせましょう。

狙う対象漁によって変えたり、一回投げるごとにしゃくる回数を変えてもいいと思います。

とにかくしゃくってアピールしてフォールで食わせるを意識してスーパーライトショアジギングをしましょう。

目次にもどる

■対象魚



サーフでのスーパーライトショアジギングの対象漁は底ならヒラメやマゴチ、中層から上層は青物やスズキなどです。

最近ではサーフでブリを釣るサーフゲームも人気があります。

何がかかるか分からないのがサーフゲームです。

とにかく対象魚を絞らなくても何かしら釣れるのがサーフです。

スーパーライトショアジギングでも大物がかかることがあるので、そんな時でもしっかり釣り上げられるようにタックルを選びましょう。

 ▶目次にもどる

■大物も狙えるタックル



スーパーライトショアジギングだからと言ってひ弱なタックルを想像してはいけません。

スーパーライトと言っても扱うメタルジグがスーパーライトで軽いだけであってロッドは大物でも釣り上げられるロッドを選びましょう。

おすすめはメジャークラフトのエヌワンシリーズの942ssjがスーパーライトショアジギングなのに大物にも対応している頑丈なロッドです。

穂先はとても柔らかいのにロッド自体はしっかりしていてパワーがあります。

 ▶目次にもどる

■まとめ

 

サーフでなかなか思ったように釣果が出ないという人は1度スーパーライトショアジギングを試して見てください。

ずっと2、3回しゃくってからフォールの繰返しをおこなって見てください。

それだけでサーフで色々な魚が釣れて楽しめると思いますが。

小さい魚から大きな魚まで狙えるのできっと釣果は上がるはずです。

目次にもどる

関連記事

コメント

非公開コメント

よろずや

いろいろな情報を発信するブログ

スポンサーリンク