ゴルフ右手の使い方 上手く右手を使えるようにしよう - よろずや 情報館

Post

        

ゴルフ右手の使い方 上手く右手を使えるようにしよう

category - ゴルフ
2017/ 09/ 03
                 
ゴルフは本当に左手1本で大丈夫なのか?


よくゴルフのスイングは左手一本でするものだと載っています。しかもプロ選手のすべてが

左手でスイングしている。右手は軽く添えるだけと載っています。

もしかするとプロ選手はそうなのかもしれませんが、アマチュアやゴルフ初心者などは、左手に力が入りにくく、

左手だけでスイングするとスライスやフックがでてしまい安定したスイングができません。

小さいときからゴルフを始めた選手なら筋力や感覚的なものが備わっています。

しかしアマチュアや初心者ではいくら練習しても、まっすぐ飛ばないなど永遠に苦しむ選手もいます

ゴルフは、安定したショットが1番です。それでスコアを伸ばすことを考えれば、

そこまで打ち方を気にする必要はないかもしれません。

まっすぐ飛んで安定したボールがでるスイングを解説します。


■目次


振り子のように素振
ボールが当たる瞬間に切り替わる
右手でまっすぐコントロール
手首の返し
まとめ

■振り子のように素振



ゴルフの練習場でよく見かけるのが、左手でスイングすることばかり考えて、ロボットのようなスイングをしている人をみかけます。

きれいなスイングで、左手を伸ばしたままバックスイングしてそこから左手を使い降り下ろす。

逆に力が入ってしまい、手首まで固まってしまっています。

飛距離もでなければまっすぐも飛びません。

そんな方は自然なスイング。人間がもともと持っているスイングをこころがけましょう。

右手も左手も考えず、またボールを打つことも考えず、素振をしてみましょう。

やり方はアドレスの状態から(右利きの場合で書いてます)、振り子のように右から左、左から右というふうにボールを打つことを考えずにブーンブーン
と振ってみましょう。

連続で振り続けましょう。


どうでしょう。自然にバックスイングでは左手が伸び、左上では右手が伸びます。

肩に力も入ることなく、飛距離のでるスイングができているとおもいます。

自然に打てば、力が抜けて、自分の中心で手首がうまく返っていきます。

普通に自然にスイングするとすばらしくキレイな違和感のないスイングができます。

うまく行かない方は、振り子をイメージしてくださいね。


目次にもどる

■ボールが当たる瞬間に切り替わる



振り子をイメージできたら、右半身は左手が重要で、降り下ろすときは、左手をを使っているのがわかります。

しかし自分を中心として、左半身は右手も大事です。自分の中心を過ぎるとき右手がまっすぐ伸びていくとキレイな振り子になります。

自分の中心で手首も返っていきます。



目次にもどる

■右手でまっすぐコントロール



振り子でしっかりイメージ掴めたら、実際にボールを打ってみてください。

その時に当たる瞬間に右手でボールをしっかりコントロールできるようになれば、まっすぐ飛びます。

まっすぐ飛ばすにはアドレスの時のボールとの距離も大事です。

最初から右手に力をいれてはいけません。

振り子のイメージを大切にして、

左手で振り下ろして、当たる瞬間に右手に切り替わるとき、

まっすぐイメージして、右手がフォローしていくのがベストだと思います。

慣れてコツを掴めば、本当にまっすぐ飛ばすことができます。

特にスライスに悩んでいる方は、当たる瞬間に右手でコントロールできれば、スライスしなくなります。

目次にもどる

■手首の返し



スイングが安定して、ボールがまっすぐ飛ぶようになると、飛距離を出したくなります。

スイングを速くすると
スライスしたりします。また飛ばそうと、右手に力が入れば、

逆に飛距離はでません。

振り子のようにスイングしてなおかつ当たる瞬間に右手のコントロールと、手首を使うことで、左手をさらに加速させると、飛距離はでます。

かなり難しいですが、打ちっぱなしで、自分のタイミングを掴むまで練習しましょう。

しかし安定したスイングは忘れてはいけません。

スイングは8割りの力で、振り子のように、ヘッドを走らせてください。

その上で、右手のコントロール、スピードアップを目指してください。



目次にもどる

■まとめ



振り子のようにスイングできれば、間違いなく安定したゴルフができます。飛距離も徐々にでてきます。

最初から形から入るのではなく、自然な振りを覚えてから、少しづつスイングをアレンジしていくほうが、キレイなスイングにつながります。

まっすぐ飛ばせるスイングが1番です。形がよ良くても、まっすぐ飛ばせなくては、意味がありません。

振り子をイメージしつつ、左半身で、右手を上手く使えれば、コントロールや飛距離アップにつながります。

左手だけでスイングして、右手にはなにも力を入れないと思うと、

アマチュアや初心者には振り子のようなスイングは作り出すのは、難しいので、右手を添えるだけから、右手でコントロールしていくのも上達のカギです。

どうしてもまっすぐ飛ばない方は挑戦してみてください。



目次にもどる












関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント