NーVAN エヌバンのデメリット 悪いとこを知ってから購入しよう - よろずや 情報館

Post

        

NーVAN エヌバンのデメリット 悪いとこを知ってから購入しよう

category - おすすめ情報
2018/ 12/ 18
                 



ホンダの軽自動車NーVAN を買って1ヶ月が経ちました。総合的な乗り心地はとても良く 気に入っています。

グレードはプラスstyleCOOLで遠出もできるし、荷物もたくさん載るしとても便利です。

しかし1ヶ月ほど乗っていると不便な所や気になる所が出てきます。

最初買うときは良いところだけ紹介され悪いところなんてないと思って買ったら、乗っているうちに悪いとこに気づいてしまいます。

1ヶ月乗ってみて気づいた悪いところ紹介します。NーVANを購入する参考にしてみて下さい。

すべて個人的見解です


■目次



 ▶左側が見にくい

 ▶後部座席が狭い

 ▶運転席も疲れる

 ▶燃費は良くない

 ▶まとめ

■左側が見にくい



左側の扉は助手席も後部座席もフルフラットになるので大開口になる仕組みになっています。

前の扉と後ろの扉の間には柱がないことになります。開けてみるとかなりの広さです。

その影響でドアを閉めた状態にするとドアとドアで頑丈な柱ができる仕組みになっています。

その為閉めた状態だと幅が広い柱になる為左側の車など見にくくなっています。頭を動かして見なくてはいけません。

まだ慣れていないせいか左側から車が見にくいといった危険性があります。

目次にもどる

■後部座席が狭い



後部座席が狭いのは最初から分かっていたんですが、使っているうちかなり狭く感じてしまいます。

大人4人が乗るのには無理があります。小学生の子供だと丁度いいかもしれませんが、中学生くらいになると厳しいといった感じです。

商用車ということもあって後ろの席は倒れないので窮屈な体勢で乗るしかありません。

居住性を求めて乗り心地の良い車が良い人は、買ってからこんなはずじゃなかったと思うのでしっかり後部座席を確認してから購入を考えましょう。

目次にもどる


            

スポンサーリンク

■運転席も疲れる



後部座席が狭いからと運転席も前にスライドさせてしまうと運転席も窮屈になってしまいます。

無理に座っていると運転が疲れてしまうので、初めは疲れないように座席の位置や、背もたれの角度、ハンドルの位置をしっかり考えて自分に合ったポジションで運転できるようにしましょう。

運転する目線も高くなるので、座席の角度はとても大事です。

また高速道路は普通に運転するのはとても大変です。やはり軽自動車なので疲労はたまってきます。

ホンダセンシングも搭載されているのでオートクルーズなどの自動運転機能をしっかり使いこなして高速道路でできるだけ疲れないようにしましょう。

目次にもどる

■燃費は良くない



燃費はリッター23キロと最初聞いていたんですが、自分のエヌバンは今のところリッター16キロです。

通勤に使っているので信号待ちや渋滞が多いので燃費がなかなか伸びません。

納車の時点で燃費の計測を始めて16キロなのでまだまだこれから遠出をして高速道路を走り始めたら燃費は向上していくと思います。

また冬で寒い時期だからエンジンの回転数も上がりやすいのて燃費はまだまだ継続して計っていきたいと思います。

目次にもどる

■まとめ



NーVANの少し悪いところを書きましたが、買って失敗したということはありません。

運転も疲れたら広い空間で寝てから走ればまったく問題ありませんし、燃費も普通車に比べるととてもいいと思います。

総合的には最新の技術も搭載されて色々なことに使える良い車だということです。

乗り方や使い方に慣れればさらに良くなると思うので最初はよく考えてしっかり自分に合った使い方を目指していきましょう。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント