乗用車からNーVANに乗り換えようと思ったわけ。軽自動車最高 - よろずや 情報館

Post

        

乗用車からNーVANに乗り換えようと思ったわけ。軽自動車最高

category - おすすめ情報
2018/ 11/ 26
                 



今まではミニバンの乗用車に乗っていましたがそろそろ古くなってきたので新しい車に乗り換えようとしていた所、ホンダのNーVANという車を見つけました。

この車は軽自動車でしかも商用車になります。バモスの後継者として位置づけられています。

いきなり乗用車のミニバンから軽自動車に乗り換えても大丈夫なのかという気もしましたが、思いきって乗り換えた訳をまとめてみました。

NーVANを買おうかなという人のヒントになれば幸いです。

■目次



 ▶走行性

 ▶積載量

 ▶アウトドア仕様

 ▶四人家族

 ▶まとめ

■走行性



まずはNーVANの走行性ですが、一昔の軽自動車の車をイメージしてはいけません。

一昔前はかなりエンジンを吹かさないと走らないイメージで遠出には向かなく坂道もスピードが出ないという感じです。

しかし試乗して感じたことは軽自動車なのに乗用車とほとんど変わらない走りをするということです。

軽自動車はスピードが出ないというイメージは覆りこんなに走るなら軽自動車の方がいいのではと思いました。

また燃費もミニバンだとリッター12、13㎞だったのがNーVANだとリッター23㎞と大幅に延びます。

エンジンはNBOXと同じエンジンを使用しているようなので走行性は抜群に良いと思いました。

目次にもどる

■積載量



NーVANの座席は後部座席から助手席までフルフラットになる仕組みになっています。

荷物をたくさん載せたい時は運転席以外を倒せば大容量の荷物を載せることができます。

カタログを見ると300㎏まで載せられるということです。また大型のバイクもなんかも積み込むことができるようです。

ミニバンに乗っている時はこんなにたくさんの荷物は乗りません。軽自動車の商用車の特性を生かさないとできないことです。

荷物がたくさん載せられるというのはかなりのメリットで自分も自転車や釣り道具を載せるのに適しているのでかなり使いやすい車となっています。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■アウトドア仕様



NーVANの1番の魅力と言えば趣味で活用することができると言う所です。

普段は四人乗りの軽自動車として乗ることができますが、座席をすべて倒せば車中泊も楽々できるスペースも確保できるし、釣りやキャンプなどアウトドア派にはたまらない作りとなっています。

普通の軽自動車から趣味の車としての活用ができ、色々な使い方をできるので乗るだけの車から趣味に活用していく車として、幅広く使うことができます。

自分の購入した車はstyleCOOLですので一見普通の軽ワゴンにしか見えませんが、中はアウトドア仕様とかなりギャップがありますがとても気に入っています。

目次にもどる

■四人家族



今までは四人家族でミニバンに乗っていましたが、5人、6人、車に載せるという機会はほとんどありませんでした。

また通勤に使っていましたが載るのは一人です。
ミニバンの燃費も悪く車検も高い、故障すると修理代も高い、税金も高い

一方NーVANは燃費も良く車検も安い、税金は年間4000円、修理代もミニバンに比べたら安い。

どちらの車も4人乗れるので比べれば維持費が格段に下がります。

遠出するには乗用車と言われる人もいますが、逆に燃費も良く車内が広々としているのでNーVANで出かける方が多くなりました。荷物もNーVANの方がたくさん載ります。

目次にもどる

■まとめ



乗用車、一筋できている人にとっては軽自動車に乗ることはマイナーチェンジでかなり抵抗があるかと思いますが、近年の軽自動車の進化にはビックリさせられます。

乗り心地、性能、居住性、など幅広く良質なものになっています。

アウトドアが好きな人にとってはNーVANはたまらない車になっています。創造力を膨らませば使い方はいろいろあり、とても楽しめる車です。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント