寝ているときの胃のムカつき 放っておかずに早急に対処しよう - よろずや 情報館

Post

        

寝ているときの胃のムカつき 放っておかずに早急に対処しよう

category - ダイエット 健康
2018/ 11/ 21
                 



若いときは胃のムカつきなんてまったくなかったのに、だんだん年をとってくると急に夜中に胃酸が上がってくるような症状があったりむかむかして目が覚めたりすることがあります。

放っておくと悪くなってしまうことがあったり悪い病気が隠れている場合もあるので病院を早期に受信することをおすすめします。

またそのような症状が現れた場合の対処方法を紹介します。

■目次



 ▶胃炎の場合が多い

 ▶アルコールをやめる

 ▶ストレスを貯めない

 ▶病院を早期受診

 ▶まとめ

■胃炎の場合が多い



胃から胃酸が上がってきたりして、胸焼けや胃のムカつきが起こる場合はほとんどが胃炎の場合が多いです。

慢性的に症状が継続すると逆流性食道炎や慢性胃炎などと診断されます。

急激な胃の痛みなどは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の疑いがあるので病院を早期受診をしましょう。

胃のムカつきや胸焼けの人は投薬を受けることも大切ですが生活習慣を見直すことで治る場合もあります。

目次にもどる

■アルコールをやめる



まず胃のムカつきなどに良くないのはアルコールです。アルコール類を毎日摂取するという人は飲むのを控えると胃炎が治る場合があります。

飲み会などがあると大抵の人は暴飲暴食をしてしまいます。そのような時に胃を痛めてしまい、その後アルコールの摂取を続けると炎症を起こした胃をじわじわと痛めてしまう形になります。

とりあえずアルコールを1週間はやめて様子をみるのも胃炎を早く治す方法です。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■ストレスを貯めない



胃を痛めてしまう原因としてストレスも関係していると言われています。

色々と考えて悩んでいると胃酸過多になってしまって胃を痛めてしまうことがあります。

このような場合はできるだけストレスを発散できるような行動をとりましょう。

ストレス発散にアルコールを飲もうと考えると逆に胃を刺激してしまうのでアルコール以外で考えましょう。

特に体を動かす運動などは効果的です。ストレスを発散でき体の体調も整います。

また温泉に行ったり旅行にいったりして疲れを癒すのもいいかもしれません。

目次にもどる

■病院を早期受診



症状が現れたらまずは病院受診をして診てもらうことが大切です。最初の段階では投薬で経過観察の場合が多いですが、症状が軽快しない時は胃カメラをすると一発で胃の状態が分かります。

そしてその症状に合わせて投薬をしてもらうとほとんどの場合は軽快します。

胃ガンや胃潰瘍のなどの病気が隠されていることがあるので病院の早期受診は大切です。

胃の状態を知るには胃カメラを飲むのが鉄則です。心配な人はすぐに胃カメラができる病院を受診しましょう。

目次にもどる

■まとめ



胸焼けや、胃のムカつきなどはとても不愉快な症状です。食事もおいしく食べれないし、1日中嫌な気分で過ごすことになります。

市販の薬で充分と思う人もいると思いますが、胃薬は症状によって効能が違う場合があります。

症状に間違った薬を飲んでしまうと逆効果になってしまうことがあるので病院を受診して症状に適した薬を飲むようにしましょう。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント