ゴルフコース初めてコースをまわる方へ初ラウンドを成功させよう - よろずや 情報館

Post

        

ゴルフコース初めてコースをまわる方へ初ラウンドを成功させよう

category - ゴルフ
2017/ 08/ 01
                 



初めてゴルフコースにでる時はだれでも緊張するものです。周りが見えなくなってしまい失敗してしまわないように事前に勉強して初ラウンドに備えましょう。

準備するものは

ゴルフクラブ

ゴルフシューズ

ゴルフウェア

ゴルフグローブ

ゴルフティ

ゴルフボール

ゴルフ帽子

着替え

ゴルフタオル

ゴルフボストンバッグ



コースに出るまでの流れ

まずゴルフクラブバッグは、外で係員が受け取ってくれます。ゴルフバッグにネームプレートを付けるのは必須です。受付で必要事項を書いて、受付を済ませれば番号のカードをもらいます。

その番号がロッカーの鍵、昼食の支払い、その他買い物等その番号カードでできます。

ロッカーに行き、着替えを済ましたら、必要なもの(飲み物、タオル、番号カード等)をもってコースに出ます。

 自分たちのスタートの順番が来るまでカートからパターをとり、順番が来るまでとりあえずパター練習。

いざコースへ

OUT 1番~9番ホール

IN10番ホール~18番ホール ゴルフコースは9ホールずつ区切られているので、OUTかINどちらからか確認しておきましょう。 

クラブ選択

ゴルフをするうえでクラブ選択は重要です。14本選べるのですが初心者はどの状況でどのクラブを使えばいいのかしっかり準備する必要があります。

自分の打つクラブの番手が大体何ヤード飛ぶのか計算しておきます。

クラブ選択に迷うときは自分の得意クラブを多用すると良いと思います。


実際ゴルフをするとOB打ってペナルティ。林の中に入って、打ったら再び木にあたる。

土手みたいな斜面からの打ちづらいショット、クラブに当たらず50ヤードしか飛ばない。

目の前に崖があると吸い込まれるように崖めがけて打ってしまう。

アクシデントの連続です。紳士のスポーツ、ゴルフが芝生以外の所でもショットしないといけないことも頭に入れておいたほうがいいです。

ゴルフシューズが滑らないようにできているのはこの為です。

基本ルール

バンカーではクラブを砂につけない。

バンカーに付いた足あとはきれいにならす

グリーンではマーカーを付ける。

グリーンでは他の人のラインを踏まない。

隣コースに間違って打ってしまったらファーと叫んで危険を知らせる。

クラブを置き忘れない

芝生をいためてしまったら砂をかける

自分のスコアは間違いなく数える。

他にも一緒にラウンドする人によってはマナーに厳しい人がいますので、良いスコアでまわるのも大切ですがきちんとしたマナーで最後まで楽しくラウンドを終えることを考えてプレーしましょう。スコアはラウンドを重ねるごとにちゃんとよくなりますので、

スコアよりもきちんとしたマナーを大切にしてください。
関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント