ライトショアジギングのノットができない簡単で強いノットを紹介。 - よろずや 情報館

Post

        

ライトショアジギングのノットができない簡単で強いノットを紹介。

category - 釣り
2018/ 11/ 11
                 



ライトショアジギングをする時にPEラインにショックリーダーを結んで釣りをおこなうことが今は当たり前になってきています。

ですがPEラインとショックリーダーとを結ぶ時、ノットという結び方をおこないますが、非常に難しくて釣りよりも結ぶことに神経を使わなくてはいけません。

こんなに発達している世の中なのにラインを別々に買って自分で難しい結び方で連結しないといけないなんて時代に逆行しています。

ワンタッチで結べたらどれだけ楽になることか。

できるだけ簡単なノットを紹介します。今までライトショアジギングをしていて1度も結び目が切れたことはありません。

■目次



 ▶PEラインは必要か

 ▶ショックリーダー

 ▶トリプルエイトノット

 ▶頻繁に取り替えよう

 ▶まとめ

■PEラインは必要か



そもそも釣りをたまにしかしなくて、遊び程度で釣りをするんだったらナイロンラインで十分です。

わざわざPEラインにしてノットを組んでショックリーダーを付けてとしなくてもナイロンリーダーに直接メタルジグを付けたほうが効率的です。

ナイロンリーダーは安いし擦れにも強いので扱いやすいリーダーです。

普通にライトショアジギングを楽しむならナイロンリーダーを使いましょう。

そしてさらに釣りを極めたい人は飛距離も出て魚の食いに合わせやすいPEラインを選びましょう。

ノットを組むときに大切なのは完璧に結ばないといけないということです。失敗するとナイロンリーダーの方が強い場合があるのでノットを組む時はしっかり覚えてからPEラインは使いましょう。

目次にもどる

■ショクリーダーは必要か



ショックリーダーとはPEラインが擦れに弱いので擦れに強く伸び縮みするラインのことを言います。

名前の通り魚がかかった時のショックを和らげてくれます。

ノットを組むときにはショックリーダーはとても糸が組み込みやすいのでPEラインが外れにくくなります。ショックリーダーは専用のラインを選びましょう。

ショックリーダーが必要な場合は主に大型の魚の場合です。大物とやりとりする場合はできるだけラインブレイクを防ぐためにショックを和らげなければなりません。

小型の魚や、中型の魚ではほとんどショックリーダーは必要ありません。

やはりナイロンラインだけで十分です。無理にノットを組むよりナイロンラインで釣りをしたほうが安心感があります。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■トリプルエイトノット



ライトショアジギングを趣味にしている人は必ずノットを組まなければいけません。毎週のように釣りに出かける人はより高度な技術で釣果をあげたいからです。

ライトショアジギングをする上でPEラインはメタルジグを投げたとき飛距離も出ますし、強度もかなりあります。

また感度もあがり当たりをとりやすくなります。

ノットを組むときに1番簡単なノットはトリプルエイトノットです。

シーガーノットともいうみたいです。ショックリーダーのシーガーのサイトにトリプルエイトノットの結びかたが載っているので下のリンクから覚えてください。

トリプルエイトノット シーガー

このノットで毎回ライトショアジギングをしていますが結束部分から切れたことはありません。

それだけこのノットは強いし簡単です。

あまりにも簡単なので不安になりますが大丈夫です。1度も切れていません。

他のノットはしたくもうしたくなくなります。

また釣りをしてラインブレイクがあってもすぐにノットを組むことができるのでとても良いノットです。

目次にもどる

■頻繁に取り替えよう



ノットは頻繁に組み直さないとラインに少しでも傷がついているとそこから簡単にラインブレイクしてしまいます。

釣りをしている時は常にラインを確認して傷がついているときはショックリーダーからすべて取り替えましょう。

とくに歯のするどい魚を釣ったあとは要注意です。すぐに傷がつきラインブレイクになってしまいます。

トリプルエイトノットはこの頻繁にラインを組み直すときも簡単に組み直すことができるのでとても便利です。

ストレスなく釣りを続けられるのでノットを気にせずに釣りをすることができます。

目次にもどる

■まとめ



ライトショアジギングをする時に最大の課題はノットです。ノット以外はお金を出せばすぐに揃いますが、ノットは自分で組まなければいけないのでとても大変です。

魚は別にノットを組まなくても釣れるときは釣れるのでナイロンラインで釣りをすることをおすすめします。

ライトショアジギングが趣味の人はPEラインを使いたいと思います。

ノットに悩んでいる人は迷わずにトリプルエイトノットを覚えましょう。

蝶々結びくらいのレベルで簡単に覚えられるので是非試して下さい。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント