エアコンのおすすめは?ダイキンのエアコンの機能と使ってみた感想 - よろずや 情報館

Post

        

エアコンのおすすめは?ダイキンのエアコンの機能と使ってみた感想

category - おすすめ情報
2018/ 09/ 08
                 



そろそろエアコンも古いし買い換えようかなと思っている方、メーカーもたくさんありいったいどれを選んだらいいのか分からなくなってしまいます。

そのたくさんあるメーカーの中でもダイキンのエアコンのうるさらがとてもおすすめなので紹介したいと思います。

というか自分が使ってみた感想を織り混ぜながら解説します。

■目次



 ▶便利な機能

 ▶たくさんの機能

 ▶掃除は?

 ▶使う機能は限られる

 ▶まとめ

■便利な機能



ダイキンのエアコンうるさらて1番便利な機能は快適エコ自動です。この機能は最高です。

暑いときはこの快適エコ自動ボタンを押すと部屋の温度を自動で丁度よい温度に保ってくれて、しかも電気代を節約してくれます。

普通暑いときは冷房をつけて部屋をひんやりと冷やすまで運転しますが、とにかくずっとつけていると電気代が高くつきます。

快適エコ自動は湿度も管理してくれてエアコンで乾燥してのどが痛くなるということもありません。

特に寒い冬は暖房をつけますが、このダイキンのうるさらは冬め快適エコ自動で充分に部屋を適温まで暖めてくれます。

もちろん湿度も管理してくれるので特に冬の乾燥を防いでくれます。

冬は電気代が心配になりますが、この快適エコ自動を使えば無駄に運転しないので電気代を抑えてくれます。

この快適エコ自動という機能は最高の機能だと思います。

目次にもどる

■たくさんの機能



ダイキンのエアコンうるさらは他にもたくさんの機能がついています。冷房、暖房、除湿、加湿はもちろんですが、寒い朝に暖房を入れてくれる翌朝暖房やタイマー機能、ストリーマ空気洗浄、自動掃除、自動内部乾燥などとてもたくさんの機能がついています。

たくさんの機能をすべて
使いこなす必要はありませんが使いこなせないくらい機能は付いています。

この機能を自分の生活に合わせて上手く組み合わせて使うととても過ごしやすい生活を送ることができます。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■掃除は?



エアコンの掃除と言えばフィルター掃除です。ダイキンのエアコンうるさらは自動フィルターお掃除機能が付いています。

フィルターに付いた誇りは専用のブラシで取ってダストボックスに貯められます。これは自動にです。後は定期的にダストボックスに貯まった誇りを捨てるだけです。

冷房を付けた後はエアコン内部に水滴が付いたり湿気が付いてカビが発生したりします。うるさらは冷房を停止した後に送風で乾燥させてから停止するのでカビの発生を抑えることができるので、内部の洗浄を気にすることもなくなります。

基本的には掃除は不要にも思えますが、やはり100%完璧にエアコンが汚れないということはありえません。

掃除の手間は省けたとしてもやはり定期的にフィルターも掃除したほうがいいし、カビも少しは発生するのでしっかり掃除はしなければなりません。

目次にもどる

■使う機能は限られる



結局エアコンなんて使う機能は限られています。このダイキンのうるさらではまず暑いときは快適エコ自動をつける。

すると部屋の温度は適温に保たれて湿度の調節もしてくれてストリーマ空気洗浄もしてくれる。

エアコンを消せば自動フィルター掃除と内部の乾燥がはじまる。

というようなことの繰り返しです。除湿を使おうかとか冷房を何度に設定しようかとかまったく考えなくなります。

冬寒いときでも快適エコ自動をつければ適温に部屋を暖めてくれて湿度も調節してくれます。

消せば自動フィルター掃除が始まるのでお手入れもある程度の期間は必要ありません。

とにかく使っているうちにどうしても快適エコ自動ばかりに頼ってしまうようになります。

とても最高の機能です。いうことなしです。

目次にもどる

■まとめ



エアコン選びはとても迷ってしまうことです。安いエアコンにしようか、高い高機能なエアコンにすべきかとても迷います。

しかし長期間使用することを考えるならダイキンうるさらのように高機能なエアコンを買ったほうが絶対にお得です。

それは快適エコ自動があるからです。まずエアコンで気になるのは電気代です。それを抑えて部屋を快適な温度、空間にしてくれるので、夏でも冬でも快適に生活をすることができます。

長くエアコンを使うのなら電気代で元をすぐにとってしまいます。

また電気代をそんなに気にしなくていいので昼間でも寝る前でもいつでもエアコンをつけて家中快適にすごせるので、エアコン選びに迷っている方はダイキンのエアコンを検討してみてはいかがでしょうか。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント