卓球の試合で勝つ方法 練習をそんなにしなくても卓球が勝てるようになる - よろずや 情報館

Post

        

卓球の試合で勝つ方法 練習をそんなにしなくても卓球が勝てるようになる

category - 卓球
2018/ 09/ 07
                 



卓球の試合で練習をそんなにしなくても勝てる方法はないのか?勝てる方法があれば練習をそんなにしなくても試合では勝てるようになります。

ではその勝てる方法を紹介したいと思います。この方法は卓球選手すべてに当てはまると思いますので参考にしてみてください。

■目次



 ▶練習しないと勝てない?

 ▶先に攻めないと勝てない?

 ▶つなぎボールを多用

 ▶とにかく粘る

 ▶まとめ

■練習しないと勝てない?



練習しないと勝てないという概念をまず捨てましょう。世の中にはそんなに練習をしなくても勝ち方をしっている人は上手くプレーして試合に勝つことができます。

たしかに練習をしないと日本のトップや世界のトップにはなることはできないですが、普通の自分のレベルで試合をする時は、相手に勝つための戦略を練らなくてはいけません。

自分の持っている技術でどのようにしたら勝てるのか考える必要があります。

目次にもどる

■先に攻めないと勝てない?



攻撃の選手で先に攻めないと勝てないと思っている人はなかなか試合に勝てることができません。

試合では相手のミスを誘うことも必要ですし、攻撃だけが得点できる術ではありません。

点数を取りやすい技術としてツッツキやサービス、カウンターブロックなど先にドライブやスマッシュを打たなくても得点できます。

考え方を少し変えてみるとリラックスして試合をすることができるし、色々な技術で試合に勝てる方法を考えることができます。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■つなぎボールを多用



試合で勝つために1番重要なことは、ミスをしないということです。卓球の試合ではミスの少ない人がかなりの確率で勝ちます。

最初から速いドライブで
やスマッシュで得点していこうと考えると打ちミスがかなり多くなってしまいます。

それよりは、完全にミスをなくしてつなぎボールを多用していたほうが、得点に結び付きます。

みなさんも経験があると思いますが練習をたくさん積んで速いドライブで相手を打ち抜く練習をしても試合に勝てないということはたくさんあると思います。

それよりあまり練習していなくて、決めるボールよりもつなぐことを考えて試合をすると試合に結構勝てることがあります。

試合では攻撃で決めることよりもミスしないことが勝つための近道です。

目次にもどる

■とにかく粘る



試合で勝つために必要なことは、決めることではなくミスしないことを心がけますが、その分決定打も少なくなり、ラリーが続くことが多くなります。

このラリーでミスをしてしまっては逆に早めに強く打ったほうがいいとなってしまいます。

それでは戦術がバラバラになってしまい逆に試合の組み立てが分からなくなってしまいます。

とにかく少しミスが出たとしても相手よりも先にミスをしないように粘ることが大切です。

そうすることで自分のペースで試合をすることができて、色々なパターンを使いながら試合を上手に運ぶことができます。

また精神的にも相手を追い詰めて優位に立つことができます。

目次にもどる

■まとめ



卓球で試合に勝つ方法はたくさんあると思いますが、中でもつなぎボールをたくさん使い、粘りのある卓球をすることが高確率で試合に勝つことができます。

練習ができなくてもつなぎボールをたくさん使うことでミスを減らすことができます。卓球はミスさえ減らすことができれば相手にプレッシャーを与え、自分に有利に試合を運ぶことができると思います。

強打することはいつでもできます。しかしつなぐことは意識しないと難しいので、とにかく意識を変えてしっかりとボールをコントロールできるようになりましょう

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント