ルアーフィッシングの始め方 ライトショアジギングから初心者は始めよう タックルやライン、メタルジグの選び方 - よろずや 情報館

Post

        

ルアーフィッシングの始め方 ライトショアジギングから初心者は始めよう タックルやライン、メタルジグの選び方

category - 釣り
2018/ 09/ 05
                 



初心者のルアーフィッシングの始め方をを紹介します。趣味として手軽にルアーフィッシングを始めたいと思っている方は是非参考にして下さい。

最初はどうしていいのかまったく分からないと思います。実際に自分が始めた時も、まったく素人で始めてから1年が経とうとしています。

ルアーフィッシングはとても楽しいので休みの日に一人で出かけるのにもってこいです。

ルアーフィッシングの中でも初心者におすすめなライトショアジギングを簡単に説明します。

■目次



 ▶ライトショアジギングとは

 ▶ロッドやルアーの選び方

 ▶投げ方、しゃくり方

 ▶魚を釣る場所

 ▶まとめ

■ライトショアジギングとは



ライトショアジギングとは陸からルアーを投げて小型から中型の魚を狙う釣りです。アジやサバ、サワラ、タイ、イサキ、ヒラメなど狙う魚種は様々です。

ちなみにショアジギングとは大物を狙う釣りです。ヒラマサやブリ、カンパチといった1メートル級の魚を狙います。

初心者にはショアジギングはハードルが高いのでライトショアジギングがとてもおすすめです。

ショアジギングは大物の魚を狙うため沖磯や沖の堤防、足場の悪い磯で釣りをしないといけないので、釣りになれてから行かないと、魚が釣れないだけでなく命の危険も伴います。

ライトショアジギングは港の堤防や防波堤、フェリー乗り場など車ですぐに行けて比較的安全な足場の良い場所で釣りを楽しむことができます。

目次にもどる

■ロッドやルアーの選び方



ライトショアジギングのロッドの選び方は入門のロッドを購入しましょう。今1番人気のある入門のロッドはアマゾンで売っているシマノのルアーマチック86MLです。

価格は7000円くらいですがしっかりとした作りで入門ロッドにしてはとてもしっかりしています。

リールもシマノのアリビオ2500を同時購入することをおすすめします。価格は3000円です。ナイロンラインの3号もついています。

このリールも入門機ですが、さすがにシマノ製だけあって作りはしっかり
しています。

アマゾンで購入すれば3点同時に購入できます。



ルアーは画像の1番右のメジャークラフトのジグパラショートのイワシカラー20グラムがおすすめです。

価格は500くらいですが、フックもしっかり付いていて箱から取り出して糸に結べばすぐにライトショアジギングを始めることができます。

この3点購入で1万ちょっとしますが、良いロッドとリールなのでコスパは最高にいいと思います。

またルアーも飛距離が出て魚がいればルアーに食いついてきます。

メタルジグとラインの結び方は漁師結びがかなり強度が強くて簡単です。

ルアーと糸結び方



アマゾンを見てみる

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■投げ方、しゃくり方



投げ方はとりあえず遠くに飛べばいいですが、やみくもに力いっぱい投げてしまうとラインが切れてルアーだけ飛んでいってしまうので、できれば初心者でもペンデュラムキャストを覚えましょう。

そんなに難しくないので早い人は1回目の釣りで覚えられると思います。

投げれるようになれば次はメタルジグの動かし方です。ナブラ(魚が上層で魚を食べている)がでている時はナブラの奥に投げてただリールを速巻きするだけで釣れます。

魚が中層や底にいる時は
一回底まで落としてからワンピッチジャークで巻き上げて中層まで巻き上げたら、再びフォールで底まで落としてからワンピッチジャークの繰り返しです。

専門用語で分かり面いと思いますがこれは動画を参考にして下さい。

投げ方動画

メタルジグ動かし方

初心者でも一通り投げ方と動かし方をマスターすればすぐに魚が釣れるようになります。

魚がいなければ釣れませんが、通常だとなにかしら釣れます。

目次にもどる

■魚を釣る場所



魚を釣る場所は安全な堤防で深い場所を選びましょう。深い場所は魚が集りやすいので初心者でもお手軽に釣ることができます。

メタルジグの20グラムを選ぶ理由は小魚から中型の魚まで幅広く釣れるからです。

ライトショアジギングで40グラムくらいを使ってしまうと中型から大型の魚は釣れますが、あたりがなかなかないので初心者はまったく釣れないとつまらないものになってしまいます。

安全な防波堤で釣りを楽しむには20グラムのメタルジグがおすすめです。

防波堤は安全と言っても落ちるとなかなか上がってこれない場所もあるのでライフジャケットを着用してライトショアジギングを楽しんでください。

目次にもどる

■まとめ



ライトショアジギングはえさを使わないので手軽な道具だけですぐに楽しむことができます。

初めてライトショアジギングをおこなう人はまず基礎を学んでから釣りにでかけましょう。とても簡単なのですぐに覚えられると思います。

最初は安全な防波堤でおこなうとメタルジグが岩に引っ掛かったり、変なところに投げてしまっても大丈夫なので、港の防波堤に出かけましょう。

ライトショアジギングは最初は中型の魚を狙っていても、慣れてくるとステップアップしていって大物まで狙えるようになるので最初は簡単に始められる道具を揃えてチャレンジしてみて下さい。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント