卓球フォアドライブの時の手首の使い方 手首を正しく使わないとフォアドライブは打てない - よろずや 情報館

Post

        

卓球フォアドライブの時の手首の使い方 手首を正しく使わないとフォアドライブは打てない

category - 卓球
2018/ 06/ 19
                 



ドライブは卓球の技術でとても大事な技術です。ドライブができないと強い選手にはなれません。

またドライブのスイングが悪いといくら練習してもなかなかドライブが上達しません。

ドライブは少しの手首の使い方で大きな違いが生まれるのになかなか手首の使い方に気付く人は少ないです。

どのように手首を使ったら良いドライブが打てるのかまとめてみました。

■目次


 ▶どのように手首を使うのか
 ▶悪い手首の使い方
 ▶シュート回転
 ▶手首を鍛える
 ▶まとめ

■どのように手首を使うのか



フォアドライブを打つときに手首をどのように使うか簡単に言うと車のワイパーのように手首は使います。

壁に掌をペタッとくっつけて肘と腕を動かさずに、手首だけを右左に回転させてみて下さい。

車のワイパーのように手首は動くはずです。手首の動きは基本的にこのような動きです。

右利きなバックスイングの時に右の方に手首を捻って、ボールを打つ瞬間に手首を左の方に動かします。

実際はスイングのスピードは早いので手首は打つ瞬間に一瞬で返すような感じになります。

目次にもどる

■悪い手首の使い方



悪い手首の使い方はバックスイングの時に手首を内側に捻ってしまうことです。最初からカーブをかけるような手首の捻り方です。

手首の内側とは掌側に捻るということです。壁に掌をくっつけてワイパーのように動かすのとは逆で、ボールを下から擦る為だけに下から上にスイングするように手首を捻るような手首の使い方は

良いドライブを打つことができません。とくに小学生の時に手首を掌側に引く癖をつけるなかなか直りません。

ループドライブは打てるけどスピードドライブやカウンタードライブは打てなくなってしまいます。

目次にもどる

■シュート回転



基本的なフォアドライブ
の手首の使い方はイメージとしては、少しシュート回転をかけるようなイメージです。

これが最も手首を使って回転をかけることができて、スピードのあるドライブを打つコツです。

実際はシュートはしないくらいの角度で打ってください。あまりにもシュートになると今度はツッツキ打ちがやりづらくなります。

この打ち方だと、特に回り込んだ時にスピードドライブを左右に打ち分けられるようになります。

手首を掌側に捻ってしまうと回り込んだ時に絶対にスピードドライブを打つことはできません。

ほぼループドライブになってしまい、カウンターを食らってしまいます。

目次にもどる

■手首を鍛える



手首を上手く使えるようになるとさらに良いフォアドライブを打つ為に手首を鍛えましょう。

良いフォアドライブを打つ為には手首だけでなく体全体を鍛えなければなりませんが、特に手首を鍛えることでフォアドライブはかなりの威力のドライブを打てるようになります。

特に打点の早いカウンタードライブはこの手首の捻り方で簡単に打つことができます。

手首を鍛えるには腕立てふせも効果的ですが鉄アレイで自分に合った重さで手首を鍛える方法が効果的です。

練習の合間など時間がある時は手首を鍛えるようにしましょう。

目次にもどる

■まとめ



良いフォアドライブを打てないと試合で上位に入るのは難しくなります。フォアドライブで決めていかないと繋いでいるだけでは勝てません。

その為には正しい手首の使い方を覚えて自由自在にドライブを打てるようになりましょう。

最初はとても難しいですが、1度覚えればループドライブにスピードドライブ、カーブやシュートドライブも打てるようになります。

まずは基本的な手首の使い方を覚えてみて下さい。

目次にもどる


関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント