読書始めるためには 読書を好きになるための方法 - よろずや 情報館

Post

        

読書始めるためには 読書を好きになるための方法

category - 読書
2018/ 03/ 13
                 



人生において読書をすることはとても大切なことです。今はインターネッ
ト社会で何でも調べられるので、そんな読書をしても意味がないという人もいるかもしれません。

しかし読書をすることに何らかの目標や意義を見出だすことができれば、読書が好きになります。また読んでいるうちに好きな著者が見つかったりします。

読書は慣れてきて楽しくなれば次々に本を読みたくなりますが、本を開いて読むまでがなかなか実践できません。

活字を読むよりは、映画やゲームの方が楽しいし、目から入る情報が多いので情報の読み取りも容易にできると思います。

ですが活字を読むことにより理解力や、創造力またものごとを活字にして表せる能力など色々な能力を鍛えることができますし、考える力が養われます。

では実際に本を読むためのステップを紹介したいと思います。

■目次


 ▶好きなもの
 ▶悩み事
 ▶未来を知る
 ▶広がる世界
 ▶まとめ

■好きなもの



まず始めに読む本は自分の趣味だったり自分の好きなことについて書かれている本から読み始めるのがいいと思います。

その方が本を読んでいて楽しいし、長続きして読むことができます。

また本屋さんに行ったりしていろいろな本を眺めていると、題名を見ただけで読んでみたくなる本もあるのでそれを手にとって読み始めるのもいいと思います。

とにかく自分の興味のある本からまずは読むことが大切です。最初は10ページ読むのも大変なことですが、自分の好きな本だと挫折することなく
読み進めていけると思います。

目次にもどる

■悩み事



次のステップとして悩み事を解決する為の本を読んでみるのもいいと思います。悩み事はみんなそれぞれ人には言わないだけでそれぞれ抱えています。

自分で解決しようとしてもなかなか答えが見つからない場合があります。そんな時、本には先人の知恵と言うべき悩み事をどのように解決していったら良いか見つかることがあります。

もし見つからなくても、あらゆる方法で悩みを解決できる策が載っているので気持ちがとても楽になります。

人の悩みのほとんどが対人関係の悩みで、考え方や、接し方、関係が良好になる方法など本にはたくさん載っています。

このような本はとてもたくさんあって本屋さんでも見つけやすいと思います。まずは少しでも悩みを解決できるように本を読み始めてもいいかもしれません。

目次にもどる
            

スポンサーリンク

■未来を知る



人は誰も自分の未来を知ることはできません。しかし人生を長く経験した人の本を手にとって読むことで、自分と重ね合わせて未来を予想することができます。

未来を予想することができれば人生は劇的に変わります。この先あることないことを知っていれば人生設計を上手く立てることができるようになります。

例えば本屋で探すとしたら30代でしなければならないことや40代でしなければならないこと。という題名の本を探すこともできます。電子書籍だったらいとも簡単に見つけることができると思います。

20代でもしこういった本に出会えれば、その先の未来を予想を立てて準備しながら生きるのと、何も考えずに行き当たりばったりの人生を歩のとは、効率も違うし準備ができる分、余裕も生まれます。

また未来だけでなく過去を知ることも大切です。例えば戦前や戦時中の本を読むと日本がどのような経緯で今があるかを読み取ることができます。

何も知らないで未来を見るだけでなく昔を知った上で未来を見ることも、視野を広げて見れることに繋がります。

目次にもどる

■広がる世界



こうして徐々に色々な本を手にとって読んでいると、自分の世界とはまったく違う世界の本を手にとって読みたいと思うようになり、興味が沸くようになります。

自分の知らないことは、この世の中にたくさんあります。知らないことを知ることで自分の知識の幅が広がり、色々な世界を体験することができます。

人生は1度きりで、できることの範囲は決められています。しかし本にはすべての世界を網羅できるくらいの様々なことが書かれています。

そのような未知の世界に出かけるような感覚で考えると、読む本は無限大にあります。

そしてそれを楽しむことで自然に自分の中の知識として蓄えられて1周りりも2周りも大きな人間へと成長できます。

目次にもどる

■まとめ



本を読むことはいいことだと分かっていてもなかなか時間がなかったり、疲れていると読んでも眠くなったり、なかなか継続して読むことは難しいと思います。

そんな時は電子書籍はとても便利です。スマートフォンに入れておけば好きな時にいつでも読めるし、読んだ続きからすぐに読むことができます。

読み放題というプランもあったりして本を一冊買うよりも安い値段でたくさんの本を読むことができます、

ちょっとしたきっかけで読書が楽しくなると思うので、本を手にとって読むことは必ずプラスになることです。

少しでも空いた時間を見つけて読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント