auガラホのLINE 通信料はどのくらいかかるのか 使いすぎると料金が高くなる - よろずや 情報館

Post

        

auガラホのLINE 通信料はどのくらいかかるのか 使いすぎると料金が高くなる

category - ガラホ
2018/ 02/ 22
                 
auのガラホは主にLINEを使うように最初からアプリだけは入っています。

Google Playに対応していない為他のアプリは入れることが基本できないことになっていますが、

LINEだけは使えます。ガラホでもLINEができるからといって契約をした人もいるかもしれません。

しかしガラホのLINEをたくさん使うと料金が高くなる可能性があります。

最初に契約したVKプランではLINEだけしかしていないのに普通のスマホ並の料金を支払わなければなりませんので、どのくらい使えば料金が高くなる可能性のか紹介します。

■目次


 ▶画像の送受信
 ▶VKプラン
 ▶LINEもWi-Fiで
 ▶SMSを利用する
 ▶まとめ

■画像の送受信



LINEを使う上で1番気を付けなければならないのは、どの機能が通信費をたくさん使うかということです。

画像の送受信はおよそ2MBです。動画は長さや画質にまよりますが、普通の数分の動画でも送受信は10MBは軽く越えてしまいます。

トークやスタンプはいくら使っても通信料はほとんどかかりません。

数KBといったところです。

1GB=1000MB

1MB=1000KB

およそこのくらいになります。実際は端数がでます。

LINEでは1番使うのが画像だと思います。動画の送信はたまに使う人もいると思いますが。

料金を安くしたい方は画像や動画の使い方を考えなければいけません。

目次にもどる

■VKプラン



VKプランはダブル定額の通信プランに加入することが必須条件です。

VKプランは
10MBまでは500円

120MBで2900円

190MB超4200円の支払になります。

LINEの通信料でみてみると写真を5枚ほど送受信してしまうと10MBを越えてしまいます。

長い動画、例えば50MBくらいの動画を4回送受信すると4200円の定額にすぐ達してしまいます。

LINEは他にも通話ができるので何時間も通話をすると20MB30MBとどんどん通信料はかかってしまいます。

通話は1時間10MBくらいです。

LINEをたくさん使うなら毎月定額料金まで達する気持ちでバンバン使いましょう。動画も画像も送受信したほうがお得です。

中途半端に使うとVKプランはすぐに定額に達してしまうので中途半端に使うなら節約を目指しましょう。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■LINEもWi-Fiで

なるべくならLINEもWi-Fiで使うようにすれば問題はありません。



LINEの設定で動画の送受信をWi-Fiのみにすればモバイル通信を使わなくて済みます。

またLINEをWi-Fi以外では使用しない設定もできます。

設定から通信とネットワークを開くと制限をかけることができます。



このように通信制限をかけてしまえばWi-Fiが使える時以外は通信できなくなるので一切通信料が発生しなくなります。

急ぎの用事のメッセージを受信できない場合があるので、すぐに返事を返せなくなるデメリットもありますが、

既読が付かないので相手は電話をかけてくるかもしれません。

目次にもどる

■SMSを利用する



ほとんどの人がただのメッセージを送るときLINEを使っていますが簡単なメッセージはショートメールで充分ではないでしょうか。

ショートメールは送信が一回3円です。100回使っても300円です。

受信は無料です。

今はLINEと同じ表示になっているので履歴も全部残っています。

もしかすると単なるメッセージはショートメールのほうが便利なのかもしれません。

スタンプや写真、動画を送るときはLINEが便利なので、上手く使い分けると通信料を浮かすことができるかもしれません。

ショートメールも絵文字なども使えるので今一度ショートメールを優先して使ってみて下さい。

目次にもどる

■まとめ



ガラホはLINEが使えると載っていますが、普通に使うととても高い通信料を払うことになりかねません。

ガラホは料金が安いから使うという人はたくさんいると思います。

使い方をしっかりすれば安い料金で使用することができます。

また便利に使うことができます。

簡単なメッセージを送るときはわざわざLINEのアプリを開いてメッセージを送る必要はないので、

SMSで充分有効に使えるのでSMSを上手くつかいましょう。

LINEを使う時はWi-Fi環境があれば動画や画像など好きなだけ送受信できるので使う環境も考えればより一層便利に使えると思います。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント