Post

        

ゴルフのスイング軽く振って遠くに飛ばすにはどうすれば良いのか

category - ゴルフ
2018/ 02/ 16
                 
コルフの練習でよく打ちっぱなしにいくと軽くスイングしているのに飛距離がかなり飛んでいる人を見かけます。

素人に毛が生えたような自分にとっては羨ましい限りです。

真似してみると全然飛ばない軽く打っているだけです。

飛ばそうと思うと力が入り、遠くに飛びますが方向性が定まらない。

にっちもさっちもいかないとはこの事です。

ではどのように軽く振って飛ばしているのでしょうか。よく見て研究をしてみました。

■目次


 ▶スイングが柔らかい
 ▶手首とクラブの可動域
 ▶スイングスピード
 ▶トレーニング
 ▶まとめ

■スイングが柔らかい



ボールが遠くまで飛距離が出る人のスイングを見ていると、とにかくスイングが柔らかいと言うイメージがあります。

無駄な力は入っていなく
てきれいなスイングです。しっかりボールを捉えているので、スイングの力が全部ボールに伝わりしっかり飛んでいます。

安定したスイングです。

柔らかいと言うことは柔道と同じですね。力ではなく、タイミングや力の伝え方で技をかけられる

まさにそんな感じです。

結果的にしっかりとボールを捉えてクラブの芯で打てれば力はそんなに入らないんですね。

クラブの先やダフったりしてまともに当たっていないからさらに力を入れて打たなくてはいけなくなります。

まずはしっかりクラブでボールを捉える練習が大事です。

しっかり捉えられるようになったら柔らかいスイング飛ばせるようになるのかもしれません。

目次にもどる

■手首とクラブの可動域



柔らかいスイングをさらに見ていくと手首が柔らかいです。

手首が柔らかいとはグリップの握りが柔らかい。もっと砕いて言えば握りがぐらぐらしています。

よくゴルフの素振りなどでは左ての小指付近と右手の人さし指付近にまめができるのは良いと書いてあります。

まさにテコの原理です。グリップの握りでクラブの可動域を上げてさらにスイングの振りを大きくしているような気がします。

普段からギュットクラブを握ってしまっているので、ぐらぐらするくらいの握りで可動域を広げることによって

柔らかいスイングが出来上がるのかもしれません。

目次にもどる
            

■スイングスピード



さらにインパクトでスイングスピードをあげるには、テコの原理が必要です。

左手の薬指付近と右手の人さし指付近でテコの原理を作ってスイングのスピードを出しているのかもしれません。

実際にチャレンジしてみると左手のスイングは普通にできますが。最後に右手のてこを入れてスイングスピードをあげようとすると、右手が追いつかないです。

結局手首が返らないまま腕だけでスイングになってしまいます。

手首が返らないと腕のスイングスピードになってしまう飛距離がでません

と言うことは手首のテコの力が大事?なのかなと思います。

いくら肩が強くても、体幹が強くても手首が弱ければスイングのスピードは上がりません。

ボールをうち終わってから手首が返る感じになってしまいます。それでは遅いです。

当たる瞬間に手首が返りスイングスピードを上げなければ柔らかいスイングをしても飛距離が全然でません。

目次にもどる

■トレーニング



結局手首を鍛えることにしました。ムチを降り下ろすかのように、手首でビシッとボールを捉えることができれば飛距離が出るはずです。

手首が弱ければクラブの重さについていけなくて遠心力でそのまま打つだけで飛距離は望めません。

自分の持論が全然違うのではないかと心配になりGoogleで

プロゴルファー手首の強さ

で調べてみました。するとありました。ドラコン大会に出る人のサイトです。なんと400ヤードを競うんだとか。

パー4のコースをワンオンできるー!?

その人の話では飛距離を出すためには手首を鍛えるのが重要だと書いてあります。

特に右手の手首が重要で手の平側に返す力が重要。左手の手首もバランスが大事なので鍛えましょう。

と載っていました。まさにテコの原理そのものです。

今日から鉄アレイで手首を鍛えるしかありません。ゴルフクラブをムチのように振るイメージです。

目次にもどる

■まとめ



いろいろ調べた結果、ゴルフで飛距離の出る人は手首が強い人です。

軽くスイングしてもしっかり手首を使ってスイングしているので肩や腕に余計な力が入っていないので、柔らかいスイングに見えるんです。

バックスイングから降り下ろす時にいかに手首でビシッと降り下ろせるかがポイントです。

ここが弱いとただの軽いスイングになってしまいます。

野球選手がゴルフの飛距離が出るのがうなずけます。

手首でビシッと打てば後は体の捻りと体重移動をしっかりするだけです。

手首を強くする為にはトレーニングしかありません。クラブの重さに負けない手首になる為に、毎日トレーニングをおこない、軽くクラブのを振れるようになった時、飛距離が伸びる時だと思います。

目次にもどる
関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント