ゴルフボールをまっすぐ飛ばすには。どうしてもまっすぐ飛ばない人はアドレスを見直そう。 - よろずや 情報館

Post

        

ゴルフボールをまっすぐ飛ばすには。どうしてもまっすぐ飛ばない人はアドレスを見直そう。

category - ゴルフ
2018/ 01/ 24
                 
ゴルフの練習をたくさんしてもなかなかフックやスライスが直らない人がいます。

自分ではまっすぐ打っているつもりでもどうしてもボールが曲がってしまう。そんな悩みを持っている方はたくさんいます

ではどのようにしたらボールが曲がらないようになるのでしょうか。

アドレスを中心に曲がらないようにスイングをする打ち方を解説します

■目次


 ▶番手による差
 ▶フックやスライス
 ▶中心
 ▶アドレスの調整
 ▶まとめ

■番手による差



まずボールをまっすぐ飛ばすにはクラブのヘッドをボールに対して真っ直ぐ当てないといけません

体の中心で打つクラブと言えば7番アイアンです

クラブヘッドを地面につけてクラブを真っ直ぐ自分のへそへと真っ直ぐ伸ばした時クラブのフェイスはボールに対してまっすぐ当たる角度になっています。

こんな風にすべてのクラブを自分のまん中真っ直ぐに立ててみてください。クラブの種類によってはフェイスの向きが違うのがわかります。

クラブの種類にもよりますが、特にドライバーは
自分のへそ、体の中心に真っ直ぐにクラブを置きヘッドを地面につけたときフェイスの向きがスライス気味になっているのがわかります。

他のクラブも試して置いてみてください。少しずつクラブの向きが違います。

ユーティリティやウッドなどもフェイスの向きが違うのがわかります。

今一度自分のクラブの向きを確認してみてくだい。

目次にもどる

■フックやスライス



今まではいくら打ってもフックやスライスが出るのは打ち方のせいだと思っていました。しかしフェイスの向きを考えた時に最初の当たる位置を確認してアドレスをしなければいくら真っ直ぐに打っても最初からフックの向きやスライスの向きで構えていたら同じです

クラブの性質を知った上でどの場所で、またどのフェイスの向きで当たったらベストなショットになるのか確かめることが大切です。

基本は体の軸の正面で打つのですが、それでは長いクラブのフェイスは真っ直ぐ地面に伸ばしたときはスライス気味の向きになってしまいます。

そこでアドレスを考えていかなくてはいけません

目次にもどる
            

スポンサーリンク

■中心



クラブのシャフトを自分の構えに対してへその中心にまっすぐ伸ばして構えた時に一番打ちやすいのは7番アイアンです。

この場合バックスイングしてクラブを降り下ろした時に自分のクラブは自分の中心で最下点を迎えます。

当然アドレスの時にフェイスの向きが真っ直ぐになっているのでバックスイングしてアドレスに戻すだけで簡単に真っ直ぐ飛びます。

この考えでドライバーを自分の体のまん中に置いて自分の最下点で打った時必ずスライスします。

クラブを地面に着けた時の角度で打った時です。

そしてシャフトを中心真っ直ぐに伸ばした場合です。
長いクラブにはアドレスの調整が必要です。

目次にもどる

■アドレスの調整



良く何番アイアンは中心からボール何個分前でアドレスを構えるとか、

ドライバーは脇の下、または左足の親指の前で構えるとありますが、それだけ考えるとアドレスが中心からぶれてしまい、

シャフトの向きが中心からずれてしまい最下点をとらえることができず、

スイングも番手ごとに変えなければなりません。

どの番手でも基本は体の中心でシャフトを真っ直ぐに構えます。

そしてフェイスの向きをみてドライバーなどフェイスが開いてスライスしそうな長いクラブの時はクラブがボールに対してまっすぐ当たるように

右足を少しずつ開いていけば必ずフェイスが真っ直ぐになる位置があります。

右足を開くということは
ボールは左足よりになり
アドレスは少しオープンスタンスのような形になります。

この時でもクラブは自分の中心にあり最下点で打てるようになっています。普通のアイアンでこのような打ち方をすると

当然フックしてしまいます。

逆にフックばかりしてしまう人は左足よりにボールを置きすぎている可能性があるので自分の中心でクラブがまっすぐにくるようにフェイスの向きでアドレスを決めましょう。

目次にもどる

■まとめ



アドレスを決めるのには個人差があります。人によって手の長さや身長も違います。

自分のアドレスの位置は自分で決めるのが一番です。大事なことはボールにクラブが当たる瞬間に真っ直ぐボールに当たる位置でアドレスができているかということです。

練習でボールの位置をいろいろ試してみて自分のクラブとスイングでベストな位置を探しましょう

位置を探す時は自分の中心から右足をずらしながら探すのが中心がぶれないでスイングできます。

真っ直ぐ飛ばすのは簡単なことではありませんが
アドレスを考えてみてください。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント