寒い冬における夜間の不眠対策不眠症かなと思う前に対策をしよう - よろずや 情報館

Post

        

寒い冬における夜間の不眠対策不眠症かなと思う前に対策をしよう

category - ダイエット 健康
2018/ 01/ 19
                 
冬になると気温もぐっと下がり夜中だと氷点下になることもあります。

そんな中、普通に寝ていても寒くて起きてしまう方はいませんか?冬の寒さで眠りが浅くなり体調を崩したり寝不足になってしまいます。

自分が不眠症になってしまったんじゃないかと思うくらい目が覚めてしまいます。

夏場は暑くて寝苦しいことがあります。夏場の対策は扇風機をつけたり窓を開けたり、クーラーをつけたりして対策をしていることが多いと思います。

しかし冬の睡眠の対策をしている人は少ないように思います。

冬は基本、布団に入れば暖かくなると思い込んでしまいます。特に寒さ対策をしなくても大丈夫だと思っても寒くて目が覚めることがあります。

冬の寒さ対策の仕方をまとめてみました。

暖房やホットカーペットを使用しない対策です。

■目次


 ▶敷き毛布
 ▶湯タンポ
 ▶ヒートテック
 ▶湯タンポ枕
 ▶まとめ

■敷き毛布



冬に気持ちよく寝れるようにするには、あったか敷き毛布を敷き布団の上に敷く方法があります。

暖かく寝ようと敷き布団や掛け布団を買い替える方法もありますが余りにもお金がかかってしまいます。

まずはあったか敷き毛布を購入することで、低価格で冬の寒さをしのぐことができます。

敷き毛布を使うのと使わないのとでは暖かさがまったく違いますのでまず寒いなと思ったら敷き毛布です。

目次にもどる

■湯タンポ



敷き毛布をしてもまだ寒くて眠れない方は湯タンポがおすすめです。湯タンポと言えば昔のごついイメージの湯タンポを思い浮かべますが、

今はかなりかわいらしい湯タンポが売っていたり低温火傷を防ぐカバーがあったりといろいろな種類の湯タンポが売っています。

自分にあった湯タンポを購入してみてください。

湯タンポを使用するとポカポカしてきて寒いというよりこたつで寝ているくらいに感じます。

あまり暖かいと逆に布団を蹴ってしまい寒くなってしまうので、気を付けましょう。

湯タンポの使用方法はお湯を満タンに注ぐだけですが、あまりにも熱い熱湯だと火傷をしたり、

低温でもカバーがないと低温火傷をしてしまったりしてしまうので使用には注意事項があるのでしっかり読んで使用してください。

目次にもどる
            

スポンサーリンク

■ヒートテック



さらに暖かくして寝たい時はインナーにユニクロでも売っているヒートテックを着ると寒さを感じなくなります

ヒートテックとは簡単にいうと肌着ですが暖かくなる肌着です。魔法のような肌着です。

寝る時に着用しても薄いので逆に普通の肌着よりも寝心地がいいと思います。

寝ていて寒気を感じる人は寒気が消えるのでヒートテックを着て寝る習慣をつけてみてください。

目次にもどる

■湯タンポ枕



体は完璧に暖かくして寝ることができても、かなり冷え込む日は頭や顔が寒くて目が覚める時があります。

そんな時は小さな湯タンポを枕の下に置くとか、湯タンポ自体が枕になっている物や、首用の湯タンポを着けるなどの対策が必要です。

首に湯タンポを巻くものは、たまに寝苦しかったりするので、枕の下に小さな湯タンポを置くのがおすすめです。

日頃から使いなれている枕のほうが、ゆっくり寝ることができます。

人それぞれですが、顔や頭が寒い時は自分にあった方法を見つけるのがいいと思います。

目次にもどる

■まとめ



冬の寒い時でも暖かくゆっくり眠れることは幸せです。冬は風邪や、インフルエンザなど流行るので、日頃から体力を蓄えておかなければならないので

良い睡眠をとることが大事です。

暖房や電気カーペットを使えば早い話ですが、電気代や空気が乾燥して体調を崩してしまうのが心配です。

機器に頼らなくても十分寒さ対策はできます。

しっかり対策をして夜間寒くて目が覚めないようにゆっくり眠れるようにしてください。

ちょっとした対策で眠りが変わります。







目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント