二日酔にならない方法 お酒の飲み方を考えましょう - よろずや 情報館

Post

        

二日酔にならない方法 お酒の飲み方を考えましょう

category - ダイエット 健康
2018/ 01/ 04
                 
飲みすぎて二日酔になりあくる日1日寝込んでしまって潰してしまったことはあると思います。

次の日休みでもないのに飲み会は結構あります。二日酔いが怖くてなかなか飲み会に行きたくないです。

お酒は最初少しだけ飲もうと思ってもだんだん調子が出てきて気づいた時にはたくさん飲んでいて二日酔になってしまいます。

そんな時、二日酔にならない為に少し気を付けるだけで二日酔にならなくなります。

その方法を少し紹介します。

■目次


 ▶アルコール度数
 ▶お酒は薄く作る
 ▶食事を最初に食べる
 ▶少しづつ飲む
 ▶まとめ

■アルコール度数



二日酔が怖いときはアルコール度数の高いお酒は控えましょう。たとえばブランデー、ウィスキー、ワインのようなアルコール度数の高い飲み物は最初はおいしくて少しづつ飲んでいても

だんだん量が増えて気づいた時にはたくさん飲みすぎてしまいます。

そして飲みすぎてアルコール度数がさらに高いとかなり酔ってしまいます。

二日酔が怖いときはできるだけアルコール度数の低い飲み物か、水割りなどで薄めて飲むと二日酔になりにくくなります。

目次にもどる

■お酒は薄く作る



どうしてもお酒の量を減らせない人は水やお湯で割れるお酒を飲むのが良いです。

そしてお酒の割合を減らして薄めてお酒を飲むことです。薄めて飲めるお酒は焼酎やブランデー、ウィスキーなどです。割合も水8:酒2以上薄めると体に摂取するアルコールがゆっくりになって二日酔を防げます

最初は味が薄いと感じるかもしれませんが、時間が経つと味にもなれてきます。

また急にアルコールを摂取しなくなるので体にもやさしいです。

目次にもどる

■食事を最初に食べる



アルコールを摂取するときに特にしてはいけないのは何も食べずにアルコールを多量に摂取することです。

お腹がすいていると、早く体に吸収しようとするので余計アルコールの吸収が早いです。

二日酔になる典型的なパターンは空腹です。空腹の時はビールを一気のみしてしまいがちです。

二日酔にならない為には、まず適度に食事を
とることが大事です。

食事メインで、お酒を飲むとアルコールも急に摂取しなくてゆっくり吸収されるようになります。

目次にもどる

■少しづつ飲む



アルコールの摂取を抑える為には、お酒をゆっくり飲むことです。アルコール度数の高いお酒が好きな人は

ゆっくり少しづつ飲むことをこころがけましょう

ゆっくり飲むことができれば、摂取する量も減り二日酔を防ぐことができます。

少しづつ飲むのは結構難しく飲んでいるうちに徐々にペースが早くなっていってしまうので気をつけなくてはいけません

アルコール度数の高いお酒は飲んでいるうちはおいしいのですが、後から急に酔いが回ります。

目次にもどる

■まとめ



お酒が好きで飲んでも二日酔にはなりたくありません。二日酔いはとてもきついです。

上で紹介したお酒の飲み方を続ければほとんど二日酔いはしなくなります

特に水割りやお湯で薄く作ったお酒をゆっくり飲むことをこころがければ

長時間お酒のお付き合いをしても次の日いつもと同じように起きれます。

二日酔しない飲み方に慣れてしまえばいつ飲み会があっても進んで飲み会に参加できます。

二日酔は対策次第でどうにでもなると思います。強い意思で飲み方を変えて次の日も元気に仕事などできるようにしましょう






目次にもどる










関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント