ゴルフはコントロールが大事飛距離よりコントロールを重視してスコアアップ

ゴルフの打ちっぱなしなどで練習をするとどうしても飛距離を出したくなり力が入ってしまいます

するとコントロールが乱れてしまいます。それでも自分の飛距離を伸ばしたくてばんばん打ってしまいます。

打ちっぱなしはスコアを気にしなくていいので気軽に打てます。自分の好きなように打てるので実際のコースに出た時のようにナーバスにはならなくてすみます。

しかし打ちっぱなしで気持ちよく打っていても実際のコースに出るとOBが怖いので飛距離よりもコントロールをつけようとしてしまう人がほとんどです。

いつも強く打っていて急に軽く振ってしまうと逆に慣れていないのでコントロールも定まらず、飛距離もでず、失敗を繰り返してしまいます。

練習でもコースに出た時の気持ちで練習することが大切です。

■目次


 ▶目標の場所を決める
 ▶スイングは8割
 ▶一定のスイングスピード
 ▶飛距離より安定性
 ▶まとめ

■目標の場所を決める



打ちっぱなしでは初心者はボールにクラブを当てるのが必死なので、目標を決めて打つことは難しいと思います。

だんだん慣れてくるとけっこう飛距離も出るようになり、前に飛ぶようになります。

少しずつ目標を定めて打ちっぱなしに取り組むことが大切です。

最初はばらばらにボールが飛んでいきますが、ずっと狙っていると少しずつ定まってきます。

ある一定の範囲に目標を
定められるようになればコースに出た時にもおおよその打てる場所がわかるので狙って打つようにしましょう。

目次にもどる

■スイングは8割



ボールの飛距離を計算するときに、自分のフルスイングで一番飛んだ飛距離を計算に入れると、

実際はなかなかそんな距離は出ないのでさらに力んでしまうだけです。

練習で常に8割で打った安定したスイングの飛距離を実際のコースでも試すと案外うまくいきます

飛距離がほしいときは番手をあげるだけで飛距離は出ます。他の人が同じ番手でもっと飛ばしたとしても

自分の8割のスイングを守って番手を選ぶことです。いくら思いっきり打ったとしてもダフったりクラブにまともに当たらなくては

飛距離はまともに計測できません。安定したスイングでの飛距離を自分の飛距離にしましょう。

8割くらいのスイングで打つと案外スイングのスピードは上がります。

8割のスイングで練習していきましょう。

目次にもどる

■一定のスイングスピード



ボールを打つときにどうしても力が入ってしまうのは降り下ろす瞬間からボールが当たるまでです

よく素振りはきれいなのにボールを打つときは全然素振りとは違うスイングの人がいます。

どうしても打つ瞬間に意識が向いてしまい違うスイングをしてしまいます

そんな方はスイングスピードを降り始めから最後まで一定にすることで

素振りに近いスイングでボールを打つことができます。余分な力が入っていない為、きれいなスイングができます。

一定のスイングで最後まで振り切るイメージです

そうすることによって安定した自分のスイングができあがると思います

目次にもどる

■飛距離より安定性



コースに出て1番重要なのは安定性です。飛距離が出たとしてバーディーをとれたとしても、OBを出してしまえば同じです。

飛距離を出すのは力をいれればいつでも強く打てますが、コントロールは日頃の練習でしか養えません。

打ちっぱなしで練習するときもコントロールを重視して練習しましょう。

ゴルフコースではバンカーや林、深いラフなどはできるだけ避けたいものです。

そんな時は飛距離をしっかり計算してコントロールしていけるとスコアアップにつながります。

とにかく飛ばそうとするとバンカーなどに入る確率がとても高くなるので

日頃からコースまわりを考えながら練習をおこなうと安定したゴルフができます。

目次にもどる

■まとめ



ゴルフは安定性が1番です。コースで失敗をしてしまうと精神的にもよくありません。

楽しいゴルフをおこなうのも安定したゴルフができると余裕をもってコースをまわることができます。

ドラゴン賞をとりたい時だけフルスイングすればいいです。

後は安定した8割スイングを身に付けて失敗を少なくするゴルフを行いましょう。

目次にもどる

関連記事

コメント

非公開コメント

よろずや

いろいろな情報を発信するブログ

スポンサーリンク