FXデメリットとは。FXで稼ぐのは難しい危機管理能力が必要 - よろずや 情報館

Post

        

FXデメリットとは。FXで稼ぐのは難しい危機管理能力が必要

category - FXトレード
2017/ 11/ 17
                 
FXは手軽に始められる投資です。元手が少ない金額でもレバレッジというかけ方があるので大きな儲けを出すことができます。

世の中にはFXで1億儲けたとか雑誌ではFXで確実にお金を増やすやり方などが載っていたりします。自分も確実に利益を増やしたいとFXについてたくさん勉強しました

そして実際挑戦してみてわかったデメリットとかなりの危機管理能力がなければいけないと思ったことをまとめてみました。

確実に利益を出せる


FXは確実に利益を出すことができます。ですが利益を出し続けることが難しいです。

円高になるか円安になるか指標をみてしっかり方向性がわかり順当にいけば利益を出すことができます。

一番わかりやすい指標がアメリカの雇用統計や日本の経済指標、政府の規制緩和などわかりやすい指標の場合は円安か円高がよみやすくなります。

その時に円と米ドルを買ったり売ったりすれば利益を出すことが可能です。自分も何度も利益を出すことに成功しています。

レバレッジをあげれば一度にたくさんの利益をあげることができます。

しかし利益を出してしまったことが逆に損失を出してしまう第一歩になってしまいます。

人間の欲とお金


一度に数万円、もしかすると数十万円、数百万円しかも数分の間に利益を出してしまうと、このままFXてで暮らして行けるのではないかと思います。

しかもちょっとした作業で莫大な利益を生むので絶対にやめれなくなります。特に一度利益を出してしまうと何かにとりつかれたようになってしまいます。

次も必ず利益を出せると思い、元手50万から200万円にしたとしても、元手の50万だけを投資すれば良いのに200万円を400万円にできると思い込んでしまいます。

そう思うのはいままでしっかり指標をみて円高円安をしっかり予想して売り買いできていたからです。

しっかり予想できて的中
するので間違いはありません。ずっとこんな楽な作業で億万長者になれると感じてしまいます。

しかし予想もしていないことが現実には起こります。

FXの最大リスク


FXの最大のリスクはいきなり起こる為替変動です。いままで10回利益を上げていても1回の急激な変動で一瞬にして利益がなくなります。

時に1円から2円の変動は耐えられるかもしれませんが5円を越えるとお手上げです。

損切りの設定をしておけば良いのでは?と思うかもしれません。損切りの設定とは損失を最低限に減らす為にある値になれば自動でポジションを決済してくれる仕組です。

しかし急激な為替変動では損切りが間に合いません。設定していた値は表示される間もなく数円動く場合があります。

レバレッジを使って1円で50万動く設定をしていた場合一瞬にして3円動けば150万円の損失です。

損切りは値を一瞬にして通りすぎているので間に合いません。

利益をあげようとポジションを持っていた場合は何が起こったのかわからなくなります。

急激な変動の理由


変動の理由はたくさんあります。巨大地震や国の財政の破綻、ユーロの加盟国の離脱、今では北朝鮮のミサイル、戦争など
いつ急激な変動が起こるのか誰にもわかりません。

リーマンショックの時は相当な為替変動が起きました。

こうしたリスクは常に頭に入れておかなくてはいけません。

20円くらい動いても大丈夫なくらい資産を持っていたら安心してポジションを保有していられるかもしれませんが、きっと利益をあげることは難しいと思います。

FXは短期投資を


FXで利益をあげようとする時はポジションを長く保有しないほうが得策です。

中には長期保有でスワップ金利をもらうという方法がありますが、リスクが高いので金利が良いと言うのを覚えていてください。

中には財政の危ない通貨などがありますのでいつ何が起こるかわからないという危機感をもって自己責任で投資してください。

短期投資をおすすめするのは、莫大な利益を狙わないということです。

少しの利益を積み重ねていくことです。利益を狙えば狙うほど、リスクはどんどん広がります。

ポジションを長く持っていると急激な変動に耐えられないので、短期に投資してダメならすぐ損切りを行うのが良いと思います。

大きな損失を出さないように徹底的にリスク管理をしていれば大丈夫です。危険な時にポジションを保有しないことです。

この方法はFXの中でも1つの方法でしかありません。他にも良い方法はたくさんありますので、投資をされる時は自己責任で良い方法をおこなってください
関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント