ゴルフ - よろずや 情報館

ゴルフ

        

パークゴルフとは。ゴルフの練習にパークゴルフをしてみた感想

category - ゴルフ
2018/ 11/ 25
                 



いつもはゴルフ場で普通にゴルフをしていますが、近所にパークゴルフ場があるにもかかわらず一度も足を運んだことはありません。

パークゴルフと聞いて興味はありましたが普通のゴルフに比べれば全然たいしたことないだろうという思い込みはありました。

そして今回子供がゴルフがしたいというので、パークゴルフくらいが丁度いいのではと思い初めてパーグゴルフに行ってみました。

行ってみると今までイメージしていたパークゴルフとはまったく違ったパークゴルフがあり驚かされました。

とても楽しいパークゴルフが体験できました。

■目次



 ▶パークゴルフとは

 ▶家族で楽しめる

 ▶健康になれる

 ▶生涯スポーツとして

 ▶まとめ

■パークゴルフとは



パークゴルフのルールを詳しく見てみると単純で、普通のゴルフに近いものがありました。

使うクラブは1本ボールも1個です。基本的にボールはなくなりません。簡単に言うとグランドゴルフのようなクラブとボールです。

コースは自分が行ったコースで言うと1コース9ホールあって4コースあります。全部で36ホールです。3~4人で回れば3~4時間ですべてを回れると思います。

1つのコースの長さは大体30メートルから50メートルと思っておけばいいと思います。

ルールはゴルフと同じでパー3のコースパー4のコースが多いですがOBの杭が多いのが特徴でただ打てばいいという訳にはいきません。

OBになると普通のゴルフより厳しい2打罰になる場合があるので油断は禁物です。

コースは全体的にゴルフコースをコンパクトにしたような感じなので眺めもよく気持ちよく楽しめると思います。

また料金も回り放題で大人500円、子供300円です。料金が安いことがパークゴルフの魅力でもあります。

目次にもどる

■家族で楽しめる



パークゴルフの良い所は家族で楽しめるという所です。

普通のゴルフだとドレスコードがあったり料金が高くて家族で楽しむことはできません。

また子供が遊びながらするゴルフは他の人に迷惑になりプロを目指して本気でゴルフに取り組んでいるような子供しかプレーしていません。

いずれにせよ敷居が高くて子供とゴルフなんて到底考えられません。お金持ち同士が楽しむスポーツというのが簡単かもしれません。

パークゴルフはすべての人がプレーできるように設定されているので小学生、しおじいちゃん、おばあちゃんにもできます。

ルールもありますが、自分達でペナルティをなくせば小学生も簡単に遊べると思います。とにかく家族で1日楽しめるとのがパークゴルフです。

最低限のルールさえ守れば回りの人も暖かく見守ってくれるので家族でプレーしても迷惑にはなりません。

目次にもどる

■健康になれる



パークゴルフはすべて徒歩になるので36ホールすべて回るとかなりの距離を歩くことになります。

普段この距離を運動しろと言われてもなかなかできませんがパークゴルフを楽しみながら歩けばあっという間に36ホール歩いています。

普通のゴルフ場ならカートがあるのであまり歩かなくてもコースを回ることができるのであまり運動にならないかもしれません。

パークゴルフは料金が安いので週に2回くらいはできます。お年寄りが楽しみながら運動をして健康になれるゴルフだと思います。

また普段まったく運動をしていない人も仲間で楽しみながら運動ができると思います。

目次にもどる

■生涯スポーツとして



パークゴルフを体験して感じたことは生涯スポーツとしてできることです。小学生からお年寄りまでプレーすることができるのですべての年齢で競うことができます。

小学生から始めても生涯続けていけると思います。手軽に楽しめるので
色々な人とプレーできるのが良いことです。

一般的なゴルフは会社の付き合いだったりお金を持っている人同士の遊びしかできません。

まして年金暮らしのお年寄りが楽しむことはなかなか難しいと思います。

1度パークゴルフに挑戦すればきっと生涯スポーツとしてつづけていけるようになると思います。

目次にもどる

■まとめ



一般的なゴルフをしている人はパークゴルフと言えば面白くないゴルフと思うかもしれません。

しかし1度パークゴルフを体験するとパークゴルフでゴルフコンペをしても面白いかもと感じます。

パークゴルフは家族で1日楽しめるゴルフです。普段一人でゴルフを楽しんでいる人はたまには家族でゴルフを楽しんでみるのもいいと思います。

目次にもどる
                         
                                  
        

ガラホで写真をLINEやパソコンに送る方法

category - ゴルフ
2018/ 11/ 15
                 



ガラホの機能はスマホに比べて断然劣っていると思われている人は多いと思います。

しかし使ってみるとまったく変わらずに使えます。

写真を撮ることは非常に多いと思いますが、この記事ではLINEに送ったり、パソコンに送ったり する方法を紹介したいと思います。

パソコンに簡単に送ることができれば印刷もすることができるのでとても便利に使うことができます。

■目次



 ▶写真をLINEに送る

 ▶アルバムでも共有できる

 ▶Gmailを登録する

 ▶パソコンに送ってみる

 ▶まとめ

■写真をLINEに送る



ガラホで撮った写真をLINEに送る方法はとても簡単ですスマホを使っている人と同じです。



メッセージを送る時に下にあるボタンを押すと写真を挿入することができます。



このボタンです。このボタンを押せば写真を選択することができるので好きなだけ選択してから送信ボタンを押しましょう。

するとガラホでもLINE上で写真を共有することができます。

目次にもどる

■アルバムでも共有できる



スマホを使っている人が友達と共有してアルバムを作っているのを見たことはありませんか?

自分はガラホだからと諦めてはいけません。

ガラホでもLINEを使って友達とアルバムを共有することができます。

まずは友達とグループを作ることから始めます。グループの作成方法はメイン画面の友達一覧の画面を開きます。



右上の友達+ボタンがありますのでクリックします。

するとグループの作成が出てきます。



グループができたらグループトークの右上のボタンからアルバムを作成できます。



アルバムを作成すればこの右上から作成したアルバムをタップすれば+ボタンでいくらでも写真を追加して共有することができます。

ガラホでも使い方が分かればスマホと同じように操作してアルバムを作成できます。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

ゴルフのアプローチができない。素人でもアプローチができれば100は切れる

category - ゴルフ
2018/ 11/ 09
                 



ゴルフの練習ではドライバーやアイアンの練習ばかりを行ってしまいなかなかアプローチの練習をしないという人はたくさんいます。

アプローチが上手い人はゴルフが上手い人と言っても過言ではありません。

アプローチができるところまでボールを運ぶことができればあとはアプローチでカップまで寄せて1パットで決めるというふうにゴルフができればあまり苦労はしないと思います。

今一度アプローチを研究してアプローチ練習をおこないましょう。

■目次



 ▶グリーンを狙わなくていい

 ▶クラブ選択

 ▶パターも練習しよう

 ▶グリーン周りを得意に

 ▶まとめ

■グリーンを狙わなくていい



アプローチに自信がつくと無理にグリーンを狙わなくてすみます。特にグリーンの周りに深いバンカーがあるコースではバンカーに入ってしまえば出すのに一苦労です。

そんな時にしっかり手前に落としてアプローチで1パット圏内に寄せることができればバンカーに入る心配はいりません。

アプローチが上手くて計算できれば戦略も変えることができます。安定したスコアを出すためには戦略も大切です。

目次にもどる

■クラブ選択



アプローチが上手になる為にはグリーンに合わせてクラブの選択をしっかり行わなくてはいけません。

バンカー越えでエッジからカップまでの距離が短ければサンドウェッジを使った方がボールが転がらない為カップの近くに寄せることができます。

花道からアプローチする場合でエッジからカップまでの距離が遠い場合はピッチングウェッジを使うほうがボールの転がりを計算できてカップに寄せることができます。

このように状況によってクラブの選択をすることで上手にアプローチをできるようになります。

自分の得意なアプローチのクラブを作って自信を持ってアプローチを練習しましょう。

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

素人がゴルフのスコアを安定させる方法。崩れないゴルフ

category - ゴルフ
2018/ 11/ 05
                 



ゴルフのスコアが良いときはとても良いスコアがでるが、調子が悪いときかなりスコアが悪くなってしまう人がいます。

そんな人の為にスコアを安定させる為にする事をまとめてみました。

とくに素人がゴルフに対する考え方を変えることで安定したスコアを出すことができるので実践してみて下さい。

■目次



 ▶100ヤード以内を練習

 ▶2オンは狙うな

 ▶ゴルフは安全運転

 ▶パターを大事に

 ▶まとめ

■100ヤード以内を練習



安定したスコアを目指すのならまずは100ヤード以内の練習をたくさん行わなくてはいけません。

とにかく100ヤードまではボールをしっかり運んでグリーンにのせる時にどれだけカップの近くにボールを寄せられるかでスコアはまったくかわってきます。

アプローチが良ければパットが悪くても最初からカップの近くに寄せることができるのでパターがやりやすくなります。

必ず2パットで入れれるような近い位置までアプローチができるように練習しましょう。

目次にもどる

■2オンは狙うな



スコアが安定しない人に限って2オンを狙おうとします。たしかにバーディーや確実にパーを狙う上手な人は2オンを狙います。

しかし素人が2オンを狙おうとするとき、どのくらいの確率で2オンをするのか考えて下さい。

絶対に50%以下だと思います。良くても20%から30%くらいです。

残り150ヤード~200ヤードの距離を無理に狙うとバンカーや深いラフに捕まってしまいその後余計に2打、3打打つはめになってしまいます。

まずはアプローチをしやすい場所に落とすことを考えて2打目を打ちましょう。

パー5のコースは3打目になります。

この考えをもつことでスコアが安定してきます

目次にもどる

                         
                

続きを読む

                 
        

ゴルフの戦略 素人ゴルファーの心得

category - ゴルフ
2018/ 11/ 03
                 



素人ゴルファーの目指すスコアは100を切ることだと思います。これを前提にコースに出た時に良いスコアを出すための極意をまとめてみました。

スコアが100を切るには逆算して考えると、すべてのコースでボギーで回ることができれば100を切ることができます。

■目次



 ▶ボギーペースで考える

 ▶打つときは8割で

 ▶アドレスはボールに近づく

 ▶とにかくまっすぐ

 ▶まとめ

■ボギーペースで考える



100を切れない人に多いのはパーを狙ってしまうことです。パーを狙おうとするとどうしてもボールを遠くに飛ばさないといけないのでどうしても力が入ってしまいます。

するとOBが出てしまったり、ミスショットが出てしまったりして逆にスコアが悪くなってしまいます。

コースに出てパーをとることはとても難しいことだと認識すべきです。

パーを狙うことよりもボギー狙いでコースに出たほうが気持ちも楽ですし、力まずにすみます。普通でダブルボギー、よくてボギー狙いでいきましょう。

そうすることでいつのまにか安定したゴルフができるようになり100を切ることができます。

目次にもどる

■打つときは8割で



どうしても忘れがちなのはゴルフはスコアを競うスポーツです。中にはドラコン賞というのもありますが、本当はスコアを争わなくてはいけません。

ドライバーを握ってしまうとどうしても飛ばさなくてはいけないと思ってしまうのも無理はありません。プロなど300ヤード近く飛ぶのを見ていたら力が入るはずです。

しかし100を切ることを目標にしていたら200ヤード飛べばいいほうです。

ボギーペースなら200飛ばなくても大丈夫です。

そう考えると力を入れずに8割くらいの力で打っていけばコントロールはとても良くなります。

まっすぐ飛ばすことにだけ専念すればOBを出すこともなくスコアアップ間違いなしです。

目次にもどる

                         
                

続きを読む