ゴルフのアプローチができない。素人でもアプローチができれば100は切れる - よろずや 情報館

Post

        

ゴルフのアプローチができない。素人でもアプローチができれば100は切れる

category - ゴルフ
2018/ 11/ 09
                 



ゴルフの練習ではドライバーやアイアンの練習ばかりを行ってしまいなかなかアプローチの練習をしないという人はたくさんいます。

アプローチが上手い人はゴルフが上手い人と言っても過言ではありません。

アプローチができるところまでボールを運ぶことができればあとはアプローチでカップまで寄せて1パットで決めるというふうにゴルフができればあまり苦労はしないと思います。

今一度アプローチを研究してアプローチ練習をおこないましょう。

■目次



 ▶グリーンを狙わなくていい

 ▶クラブ選択

 ▶パターも練習しよう

 ▶グリーン周りを得意に

 ▶まとめ

■グリーンを狙わなくていい



アプローチに自信がつくと無理にグリーンを狙わなくてすみます。特にグリーンの周りに深いバンカーがあるコースではバンカーに入ってしまえば出すのに一苦労です。

そんな時にしっかり手前に落としてアプローチで1パット圏内に寄せることができればバンカーに入る心配はいりません。

アプローチが上手くて計算できれば戦略も変えることができます。安定したスコアを出すためには戦略も大切です。

目次にもどる

■クラブ選択



アプローチが上手になる為にはグリーンに合わせてクラブの選択をしっかり行わなくてはいけません。

バンカー越えでエッジからカップまでの距離が短ければサンドウェッジを使った方がボールが転がらない為カップの近くに寄せることができます。

花道からアプローチする場合でエッジからカップまでの距離が遠い場合はピッチングウェッジを使うほうがボールの転がりを計算できてカップに寄せることができます。

このように状況によってクラブの選択をすることで上手にアプローチをできるようになります。

自分の得意なアプローチのクラブを作って自信を持ってアプローチを練習しましょう。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■パターも練習しよう



アプローチが上手でもパターを外してしまったら意味がありません。パターは短い距離でもプレッシャーがかかってしまえばなかなか入りません。

長い距離のパターも大切ですが短い距離のパターを絶対に外さないように日頃からパターの練習もおこないましょう。

アプローチが上手になれば1パットで決めれることが多くなります。

確実に1パットで決めれるようにすると必ずスコアアップすることができます。

確実にパットを決めれるように練習しましょう。

目次にもどる

■グリーン周りを得意に



アプローチが得意になるにと攻めるゴルフができるようになります。200ヤードくらいからグリーンを狙っていってもグリーンに乗らなかった場合でも得意のアプローチでカップに近づけることができます。

またバンカーショットもサンドウェッジでアプローチできるようになればどこの場所からでもアプローチができるようになるということです。

グリーン周りが得意になるということはとても自信に繋り安心してユーティリティやロングアイアンなどで狙っていけます。

守るゴルフから攻めるゴルフができるようになるということです。

目次にもどる

■まとめ



アプローチはとても難しい技術です。失敗してしまうと、グリーンに乗らずに反対方向に転がったりしてしまいます。

すると簡単に2打、3打多く打つことになってしまいます。

アプローチの失敗はOBよりも怖いものになってしまいます。

アプローチが上手くなれば逆にとてもスコアが良くなりパープレーはあまり前になります。

アプローチが得意になるように日々の練習をアプローチに費やすようになればきっとゴルフが上手になるはずです。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント