ルアーマチックの穂先が折れてしまったら。ロッドの補修と穂先の購入 - よろずや 情報館

Post

        

ルアーマチックの穂先が折れてしまったら。ロッドの補修と穂先の購入

category - 釣り
2018/ 10/ 26
                 



シマノのルアーマチックを使っているとやはりいずれは壊れます。ずっと使い続けられるロッドというのはありません。

折れたからといって新しい新品のロッドを購入する人もいるかもしれませんが、どうにか修理して使い続けたいという人もいると思います。

シマノのルアーマチックが壊れてしまったらどうしたら良いのかまとめてみました。

■目次



 ▶穂先が少し折れたら

 ▶穂先がかなり折れたら

 ▶ロッドの根元が折れたら

 ▶大事に使えば長くもつ

 ▶まとめ

■穂先が少し折れたら



ロッドで1番壊れやすいのは穂先です。1番細くて1番折れやすくてかなりの負荷がかかる場所でもあります。

ルアーマチックを買ったときからいつかは穂先が壊れることを考えておくとショックは少ないと思います。

ルアーを投げ続ければかなりの負荷がかかるのは間違いありません。だから高いロッドを買えばそれだけショックは大きくなるのでシマノのルアーマチックがコストパフォーマンスがとても良いと思います。

穂先が少し折れたら迷うことなく釣具店に行きましょう。釣具店に行けばすぐに修理してくれるのでまったく問題ありません。

少し竿のしなりが悪くなりますが、釣具店に持っていきましょう。

目次にもどる

■穂先がかなり折れたら



穂先だけでなく手前のほうまで折れてしまったら修復は難しくなります。

こうなってしまったら修復ではなく新しく前方のロッド部分だけ購入しましょう。新しく全部ロッドを買うよりは安くすみます。だいたい前方だけで2000円から3000円くらいで購入できます。

ルアーマチックの穂先部分は比較的に安くで購入できるのでもし壊れてしまっても穂先部分だけ購入できるので安心して使うことができます。

もし気に入ったルアーマチックのロッドが見つかったら穂先だけ余分に2本くらい購入しておけば5年くらいは使い続けられると思います。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■ロッドの根元が折れたら



ロッドの根元部分が折れたら間違いなく修理は、ほぼできませんし、購入しようとしてもかなり割高になってしまいます。

新しいロッドを購入したほうが安い場合が多いです。ロッドの根元部分とはロッドが2本つなぎになっているんだったらリールを取り付けるほうのロッドを指しています。

ガイドが壊れた場合は釣具屋で修理は可能になると思いますが、竿の部分は不可能です。しかし根元部分は相当な衝撃が加わらない限り壊れることはないので心配やいらないと思います。

目次にもどる

■大事に使えば長くもつ



シマノのルアーマチックはそんなに簡単には壊れません。最初ルアーフィッシングが下手なときはルアーのウェイトを間違えたり、思いっきり投げたら穂先に糸が引っかかり穂先にかなりのダメージを与えてしまったりしてしまいます。

するとロッドの寿命を縮めてしまうのでまだ慣れない初心者はすぐにロッドが壊れてしまったというかもしれません。

しかし徐々にルアーフィッシングに慣れてきてロッドに衝撃を与えずに釣りができるようになるとロッドは簡単には壊れません。

ルアーマチックを使っていますが丁寧に使えるようになるととても長もちします。おまけに穂先だけの購入も安い値段でできるので鬼に金棒です。

目次にもどる

■まとめ



シマノのルアーマチックは5000円台からあり、お手頃な値段で購入することができおまけにシマノから替えの穂先まで注文して購入できるという利点もあります。

注文は個人ではできないようになっている為釣具屋で必ず注文しましょう。

ロッドによっては穂先だけ注文するとかなり高額の値段をとられてしまう場合があるのでそれに比べるとルアーマチックは2000円から3000円くらいで穂先を購入できるのでかなりコスパの良いロッドとなります。

ロッド選びはアフターサービスのことも考えて購入することをおすすめします。

ロッドの穂先はいつかは壊れます。その時に釣具屋で穂先を買うといくらかかるのかが分かるとずっと使い続けられるロッドなのか分かります。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント