ライトショアジギング 安いルアーの竿 ロッドでもできるの? 魚を釣るのに竿は重要ではない - よろずや 情報館

Post

        

ライトショアジギング 安いルアーの竿 ロッドでもできるの? 魚を釣るのに竿は重要ではない

category - 釣り
2018/ 10/ 24
                 



ライトショアジギングをしようとするとどうしても気になるのがロッドやリール、ラインの価格です。

高いものは全部揃えると10万円クラス普通で5万円以内というところ初心者クラス1~2万円。どう考えても高いと思いませんか?

ライトショアジギングが高い用具を揃えないと魚が釣れないのかというとけっしてそういうことはありません。

自分が考えるに腕が80%以上は、しめるのではないかということです。

いくら良い用具を揃えても腕がなければまったく魚はつれません。

用具選びの参考に、高いロッドやリール、ラインを購入しようという人へ記事を書いてみました。

■目次



 ▶高い釣具を買わされるな

 ▶1万円あれば魚は釣れる

 ▶魚を釣るには経験

 ▶安いロッドでも簡単に釣れる

 ▶まとめ

■高い釣具を買わされるな



今はスマートフォンなどもあり動画も簡単にみることができます。ライトショアジギングの動画を見ていると必ず出てくるのが、専用のタックルやメタルジグ、リールの紹介です。

今釣っているタックルはライトショアジギング専用のタックルでとても釣れます的な紹介が出てきます。

するとその動画を見てしまうといかにも買えば釣れるような気がします。

そして良いロッドやリールを購入するととてもいい気分になります。

実際魚が釣れなくても良いロッドで釣りをしているという満足感に浸ってしまいます。

冷静に考えるとあきらかに高いロッドやリールを買わされているのだと分かります。

メーカーも売上を伸ばすために必死です。買いたくなるような紹介をしてきます。それに踊らされることのないように実際に魚が釣れる用具を選びましょう。

何万もかけて用具を揃えなくても魚は必ず釣れます。

目次にもどる

■1万円あれば魚は釣れる



ライトショアジギングの用具は1万円あれば揃えられるし、ある程度の耐久性、性能は備えています。

ロッド5千円、リール3千円、ライン、ルアーで2千円程度で揃えられます。

実際は入門用とも呼ばれている用具でもかなりの性能はあります。

ほとんどの人が入門用では魚を釣り上げられないと思うかもしれませんが、魚を釣り上げるのに1番重要なのはラインです。ラインが丈夫であればかなりの大物でも釣り上げることができます。

そこそこのリールだと大物がかかった時にドラグの調整ができるようになっているので、魚に引っ張られても自動で糸が出る仕組みになっていいます。

ラインとリールの性能がそこそこ良ければロッドは普通にしなるロッドであれば大物を釣ることのできる用具だと言えます。

ちなみにラインはPEラインです。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■魚を釣るには経験



ライトショアジギングで魚を釣るには経験が1番重要です。魚が釣れる状況が分かるか分からないかで釣果はまったく違います。

魚が釣れる時間帯や季節、場所、ルアーを投げる飛距離など経験を積まないと分からないことだらけです。

魚のナブラや潮目、ベイトフィッシュがどこにいるか見分けることも大切です。

高い釣り道具を揃えるより、どれだけ釣り場に足を運べるかが釣果に最も影響を及ぼすので、高い釣具を買ったけど1ヶ月に1回しか釣りにいかない人はなかなか釣果に恵まれることはありません。

1週間に1回でも釣り場に行って経験を積むことが魚釣りでは大切です。

目次にもどる

■安いロッドでも簡単に釣れる



実際に試しに2千円もしないロッドを手にとりライトショアジギングに出かけてみました。



どこにでも売っている海のルアー竿です。実際はライトショアジギング用でもないし遠投性能はありません。

しかし20グラムのメタルジグを投げてみると70メートルくらい投げれます。

やわらかい穂先のしなり具合を利用して遠投できます。リールは2500番の3千円くらいのリール、PEライン0,8号にショックリーダー2,5号メタルジグはジグパラの20グラムゼブラグロー

ショックリーダーの長さは両手幅、ノットはトリプルエイトノットです。

ショックリーダーの先に漁師結びでスナップを付けてメタルジグの装着を簡単にしています。

難しい用語をたくさん並べましたが、安い用具でも経験があれば釣れる装備にできるということです。

全部揃えても5~6千円で揃えられると思います。

ただリールだけは少し良いものを買わないとすぐに壊れるので気を付けましょう。

この用具でも秋の朝マズメに釣りに行けばサゴシ太刀魚、アジ、サバ、タイなど豊富な魚を釣り上げることができました。

魚を釣るのに高価な用具はあまり必要ないと言えます。

目次にもどる

■まとめ



ライトショアジギングでおすすめの用具選びはロッドとリールで1万円前後です。少し高くない?と思う人もいるかもしれませんが、あまり安いロッドを買ってしまうと釣果ではなく、PEラインが擦れて切れてしまったり、ライトショアジギングは遠投を繰り返すのですぐ壊れてしまいます。

1万円前後の値段だとPEラインにも対応した用具が販売されているので安心して使うことができます。

このくらいの値段のほうが壊れた時のショックも少ないしいいと思います。釣竿はちょっとしたことで折れるのでショックは大きいです。

コストパフォーマンスを重視してあとは自分の腕を磨くことで釣果はぐんと伸びると思います。

高い用具を揃えたからと言って魚はがたくさん釣れるということはありません。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント