Googleサーチコンソールにサイトマップがすぐにインデックスされない。解決策 - よろずや 情報館

Post

        

Googleサーチコンソールにサイトマップがすぐにインデックスされない。解決策

category - ブログアフィリエイト
2018/ 10/ 17
                 



ブログの記事をいち早くGoogle検索に表示されるようにする為にはブログがすぐにGoogleによってクロールされて記事がインデックスされる必要があります。

サーチコンソールでサイトマップのインデックスステータスを確認すると1週間に1回しかインデックスされないようになっている時があります。

これを見てしまうといつまで経ってもGoogle検索に表示されていないと思い神経質になってしまいます。

自分も何回も早くGoogleにインデックスされるように挑戦しましたが全くダメでした。

しかしちょっとしたことで解決策を見つけたので紹介します。

■目次



 ▶ドメイン変更が原因

 ▶Fetch as Google

 ▶自分のページURL検索

 ▶実際はインデックスされている

 ▶まとめ

■ドメイン変更が原因



自分の場合はドメイン変更が原因でサイトマップのインデックスがおかしくなりました。前のドメインの登録から新しいドメインのサイトマップを登録をしてからインデックスが1週間に1回しかできなくなってしまいました。

それまでは順調に毎日サイトマップがインデックスに登録されていました。

急に登録できなくなったので、とても焦って神経質になってしまいます。

自分のブログはもう終わりだとか思ってしまいます。きっとインデックス登録できなくなってしまった原因は誰にでもあるとおもいますが、無理に動いて変なことをしないということが大切です。

とにかく記事の更新をしながら様子をみ突破口を見つけていきましょう。

毎日の記事の更新が1番ブログの成長を促進させることなのでインデックスされないからと言って記事を書くことをやめてしまうことはしないようにしましょう。

目次にもどる

■Fetch as Google



早くインデックスしてもらおうとするときに使うのがGoogleサーチコンソールのFetch as Googleです。特定のURLを指定してGoogleに早くインデックスしてもらえるようにお知らせする機能ですが、自分がいくら試してみても効果は限定的でした。

やはり上手くいかない時は何かしらの不具合や力が働いているので何をやってもダメです。

インデックスステータスが急に上昇するようなことはありません。

依然インデックスされないまま時が過ぎていくだけです。

目次にもどる


            

スポンサーリンク

■自分のページURL検索



サイトマップのインデックスをみても一向に増える要素がないので、試しに自分のブログの最新記事のURLを入力して検索をかけてみました。

きっと検索の結果には表示されないんだろうと思い、だめもとで試してみることにしました。

すると普通に自分のブログが表示されます。

もしサーチコンソールでサイトマップのインデックスが遅いと感じたなら一度本当にインデックスされていないのか確認してみることで分かります。

自分もサーチコンソールばかり気にしてまったく気づいていなかったです。

目次にもどる

■実際はインデックスされている



実際にはブログの記事はすぐにインデックスされていることが分かりました。

では何故サーチコンソールのサイトマップのインデックスが増えないのか調べてみると、最適化が原因であることが分かりました。

自分はドメインを変更したので旧ドメインから新ドメインへの最適化が自動で行われていたのです。

サーチコンソールが自動でしてくれているので別に最初から気にすることはなかったんです。

気にせずに放置して記事を書き続ければインデックスは毎日おこなわれついるんです。

目次にもどる

■まとめ



Googleサーチコンソールのサイトマップのインデックスが行われていないのを見つけてしまうととても気になってしまいます。

しかし実際のインデックスはされているので気にしないでブログの記事を書きつづけましょう。

記事はインデックスされているのっFetch as Googleを試してもまったく意味がなかったのです。

サイトマップがインデックスされていないと思ったらまずはGoogleけんさくで最新記事のURLを入力してみましょう。

きっと最新記事の画面が出てくるはずです。出てこない人は本当にインデックスされていないのでFetch as Googleを使うとインデックスできるはずです。

焦らずに試してみることが大切です。サーチコンソールのデータのみを鵜呑みにせずに実際に調べて確かめてみましょう。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント