乗用車から軽自動車に変えると得することメリットしか見つからない。 - よろずや 情報館

Post

        

乗用車から軽自動車に変えると得することメリットしか見つからない。

category - おすすめ情報
2018/ 10/ 09
                 



乗用車を買うべきか、それとも軽自動車にするべきか迷っている人の為に、乗用車から軽自動車にした時のメリットをまとめてみました。

車選びの参考にしてみて下さい。

車選びは人生の中でもとても大きな買い物です失敗しないようにしっかり考えて購入しましょう。

■目次



 ▶燃費が違う

 ▶自動車税

 ▶軽でもスペックは高い

 ▶とても広い軽

 ▶まとめ

■燃費が違う



普通自動車と軽自動車を比べると一般的に燃費が良い傾向にあります。

普通自動車で燃費の良い車は豊田のプリウス、アクア、日産のリーフやノートなどありますが、販売価格がそれなりに高く設定されています。

燃費が良くても価格が高ければ同じことです。軽自動車は価格が新車でも150万くらいに設定されていて安い値段で買えて燃費がいいのがとても助かります。

燃費がいいと遠出もしやすくなり、休日にドライブに出かけるのがたのしみになります。

今の軽自動車の燃費はリッターあたり20㎞~30㎞は走るので移動手段としてはとても良い車になります。

目次にもどる

■自動車税



普通自動車の自動車税は1番安い排気量で2万9千500円です。2000㏄にもなると3万9千500円にもなります。

それ以上の排気量になるともっと高くなるのでかなり高額になってしまいます。

軽自動車は一律1万800円年間で払う税金としてはお手頃の値段と言ってもいいと思います。

税金は払うときになるととても払いたくないものです。税金を気にせずにのれるのが軽自動車のメリットです。

最近では軽自動車のバン、軽貨物の車も人気が高まっていてます。室内が広くて荷物もたくさんのります。

そして自動車税も500円ととても安いので税金を気にすることなく車に乗れると言ってもいいと思います。

目次にもどる

            

スポンサーリンク

■軽でもスペックは高い



最近の軽自動車でも普通車に劣らない、またはそれ以上のスペックがあるということです。

走行性能も以前の軽自動車とは違い、スピードは普通車に劣らないくらい出るようになっています。

ターボ車にすると普通車とまったく変わらないスピード感覚で走ることができます。

外見もカスタムの系が当たり前のように販売されていて最近では大きくてかっこいい軽自動車が目立ってきています。

軽自動車でフル装備を付けても200万弱なので普通車にフル装備をするよりは断然安い価格で買うことができます。

カーナビやバックモニター、ETC、ドライブレコーダーなどは今は普通に装備しておきたい機器です。

軽自動車は安い為当たり前のように付けることができる為、普通車よりも使いがってが良くなっています。

操作もハンドル部分にボタンが付いている為ハンドルで操作するのも基本になっています。

車種によっては後部座席が足元に収納することができてフラットな空間になるのでかなりの荷物を積むことができる軽自動車もあります。

目次にもどる

■とても広い軽



最近の軽自動車はかなり広い空間を実現しています。通常4人乗っても後部座席の空間もとても広くなっていて遠出してもまったく疲れないようになっています。

最近の軽自動車は普通車に劣らないくらい広い作りになっています。特にバンタイプは後部座席を倒せば自転車やバイクも載せることができます。

釣りに行く人は道具を一式積んでも余裕があります。道具だけなら普通車以上に積むことができます。

また最近では車中泊というのも流行っていて軽自動車でも車の中に寝れるスペースを確保できる軽自動車も販売されています。

目次にもどる

■まとめ



普通車から軽自動車に乗り換えるメリットはたくさんあります。何といっても維持費がかからないということが最大のメリットです。自動車に10年間乗ると考えた場合、普通車と軽自動車の維持費の差は軽く50万~100万くらいは出てしまいます。

また軽自動車は高スペックな車に乗ることができて女の人だけでなく男性でも乗れる車が販売されています。

高スペックな軽自動車に乗り、維持費も安いとなればとても生活が便利になるので軽自動車での生活を考えてみても良いのではないでしょうか。

目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント