卓球3球目攻撃 フォアハンドドライブで狙う3球目攻撃 - よろずや 情報館

Post

        

卓球3球目攻撃 フォアハンドドライブで狙う3球目攻撃

category - 卓球
2018/ 03/ 27
                 



卓球の3球目攻撃でなかなか攻めることができない時に、1番攻めやすいパターンを紹介します。

フットワークがある程度できる中級者向けの攻め方になります。

ここではフォアハンドで攻める方法を紹介します。

■目次


 ▶3球目打ちやすいサーブ
 ▶ツッツキ打ちをフォアで
 ▶ストップはダブルストップ
 ▶浮いたボールは決める
 ▶まとめ

■3球目打ちやすいサーブ



3球目打ちやすいサーブは下回転とナックル回転で組み立てるサービスです。

できるだけ相手にツッツキをさせて3球目ツッツキをフォアで狙い打つ方法です。

下回転サーブとナックル回転を混ぜることによってレシーブも回転を見分けづらくなってしまうので

レシーブがあまくなってしまいます。そこを3球目で狙うと良い3球目攻撃ができるようになります。

目次にもどる

■ツッツキ打ちをフォアで



下回転とナックルサービスを同じフォームで分からないように短く出せるようになったら、フォアハンドドライブとフットワークを鍛えてどこにツッツキされてもフォアドライブで打てるようにしましょう。

最初はなかなか難しいですが、練習を重ねるごとにフォアで動けるようになります。

フォアで打てるようになるとさらにサービスを強化すればさらに3球目が打てるようになります。

目次にもどる
            

スポンサーリンク

■ストップはダブルストップ



相手がレシーブの上手い選手だとストップレシーブをしてきます。そのストップレシーブに対しては3球目打てないことが多いです。

その時はダブルストップで対応しましょう。ダブルストップができるようになると相手に攻撃をさせない為、5球目で攻撃できるチャンスが広がります。

ツッツキに対してはドライブを打って、ストップに対してはダブルストップという風に考えていけば、3球目攻撃の考え方がまとまってくると思います。

目次にもどる

■浮いたボールは決める



下回転とナックルサービスも上達して3球目攻撃もある程度できるようになったら、相手もレシーブをどこにやったら上手くいくのか迷います。

その時にナックルサーブを出すとストップレシーブ、ツッツキレシーブも浮いてきます。その時は見逃さずにスピードドライブで攻撃を仕掛けていきましょう。

チャンスボールなので3球目で決めにいくことができます。

ナックルサービスで相手のレシーブを浮かすことができたら、下回転のサービスも効くようになるので相乗効果で3球目チャンスを作れます

目次にもどる

■まとめ



3球目攻撃がある程度狙って打つことができれば、卓球の試合では優位に立つことができ、勝つことができます。

基本的なパターンをマスターしていけばそれほど難しいことではありません。

ここで紹介したのは、フォアドライブで狙っていく基本的なパターンです。

試合では、他にもロングサービスからのパターンや横回転からのパターンなどたくさんありますので、まずは基本をマスターしながら他のパターンも練習していってください。


目次にもどる
関連記事

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント