卓球カットマンとの戦い方戦術を考えればカット打ちも怖くない - よろずや 情報館

Post

        

卓球カットマンとの戦い方戦術を考えればカット打ちも怖くない

category - 卓球
2017/ 12/ 30
                 
卓球の試合でよくあたるのがカットマンです。対戦を苦手としている人もすくなくありません。

カット打ちが上達すれば攻撃選手との対戦でもツッツキ打ちなどに役立てることができます。

カット打ちの戦略をしっかり立ててカット攻略をしっかりおこないましょう

戦術の参考になるばと少しカット攻略に必要なことを載せてみました。

■目次


 ▶ループドライブ
 ▶スピードドライブ
 ▶スマッシュ
 ▶切れたツッツキ
 ▶まとも

■ループドライブ



カット打ちに対して有効なのはループドライブを使うことです。ループドライブは切れているカットに対してミスをしないで確実にドライブを入れることができます。

また切れているカットにたいしてもしっかり角度を会わせればループドライブで確実にカットを返すことができます。

カットマンは相手にミスをさせようとミスを誘ってくるので、そのカットにミスをしなければ試合を有利に進められます。

何本でもループドライブで粘れるように練習しましょう



目次にもどる

■スピードドライブ



ループドライブで粘れるようになれば何本かに1回はチャンスボールがきます。

そのチャンスボールを狙い打てるようになると試合を楽に進められます。

練習でカットボールのチャンスボールをあげてもらいそれをスピードドライブで狙い打てるようにしましょう。

スピードドライブはループドライブと違いつなぎボールではありません。多少ミスは出ても思いきって一発で打ち抜く気持ちで打ちましょう。

スピードドライブは後ろから前へ水平に打つつもりで思いきってスイングするとスピードがでてきます


目次にもどる

■スマッシュ



スピードドライブをしてもなかなか決定打に結び付かない場合はスマッシュを多用しましょう。

スマッシュを使う場合はループドライブでしっかりミスをしないで粘っておいてチャンスボールを待ち、カットボールが浮いたら

迷わずに思いきってスマッシュを打つようにしましょう。中途半端に打ってしまうと、回転に負けてしまいミスが多くなってしまいます。

また低いカットボールをスマッシュをしてしまうとミスが多くなってしまいますので、高く浮いてきたボールをしっかり狙ってスマッシュをするようにしましょう

目次にもどる

■切れたツッツキ



カット対策に有効なのは攻撃の戦略だけではありません。攻撃ばかり考えると単調になりミスが多くなってしまいます。

そこで攻撃と混ぜたいのがツッツキです。

ツッツキと言ってもあまいツッツキであっては逆にカットマンに狙い打たれてしまいます。

相手のカットに対してしっかり切れたツッツキができるようにしましょう。

切れたツッツキができればカットマンは逆にカットを切ろうとするとネットに引っかけたりしてミスがでてしまいます。

ミスをしないようにあまいカットをするようになります。そのようなボールを狙い打ってまたツッツキで揺さぶるなどして

カットマンにとって嫌な攻撃をするように心がけると、良いカット打ちができるようになります。

しっかり切れたツッツキもミスをしないでできるように練習しましょう。

目次にもどる

■まとめ



カットマンに対しての戦略はループドライブ、ツッツキとスピードドライブかスマッシュで
組み立てることができます。そんなにたくさんの技術はないので

ひとつひとつの技術をしっかり練習していけばカット攻略はできると思います。

1番大切なのはすることをしっかり決めて迷わないことです。すると自信がでてきてカットマンと対戦しても思いきって試合ができるようになります。

あとはそれぞれの技術をしっかり練習して技術を高めればさらに自信がついていくと思います。


目次にもどる










関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント