初心者が卓球を強くなる方法 早く上達して試合に勝とう - よろずや 情報館

Post

        

初心者が卓球を強くなる方法 早く上達して試合に勝とう

category - 卓球
2017/ 10/ 29
                 
初心者から中級者になるまではとても時間がかかります。卓球はいろいろ覚える技術が多くてボールの回転も見極めなければなりません。とても難しいスポーツです。

ではどうすれば早く上達できるのかまとめてみました。

■目次


 ▶基本を大事に
 ▶徐々に種類を増やす
 ▶サーブレシーブ練習
 ▶多球練習
 ▶試合練習

■基本を大事に


やはり最初は基本を大事にしなくてはなりません。フォア打ち、バックハンド、フォアツッツキ、バックツッツキなどから覚えるのが良いとおもいます。

始めた頃はぜんぜん続きませんが

根気強くおこなうこと

が重要になります。練習自体は楽しくありませんが、ラリーが続くようになれば卓球が徐々に楽しくなりますので反復練習を行ってください。


目次にもどる

■徐々に種類を増やす


フォア打ち、バックハンドができるようになったら次は両ハンドドライブを練習したりフリックを練習したり少しずつ種類を増やしていきましょう。

この基本練習も選手にとってはつまらないものですが、次々に種類を変えていくと飽きずに練習できます。

根気強く反復して練習していきましょう。



目次にもどる

■サーブレシーブ練習


初心者から一番練習しないといけないのはサーブレシーブ練習です。

卓球はサーブから3球目、レシーブから4球目でほとんどのラリーの主導権が決まります。

初心者のうちからサーブレシーブをたくさん練習することで上達のスピードが全然違います。

初心者は基本のラリーが練習の大半を占めてしまいますが、サーブレシーブを練習したほうが試合にも早く出られます。

目次にもどる

■多球練習



基本をマスターする為には多球練習がおすすめです。多球練習ですべての技術を練習すれば上達のスピードがぐんと上がります。

しかし気を付けてしなければいけないのは、球出しのレベルは初心者に合わせて出すということです。ゆっくり打ちやすいボールを送ると良いと思います。

また最初から息が上がる厳しいものだと練習したくなくなるので、中級者になるまではやさしい練習にしましょう。

目次にもどる

■試合練習



初心者だからと言って基本練習だけさせる指導者をみかけますが、初心者だからこそ試合練習が大事です。

卓球の楽しさを知ることができるからです。卓球が楽しくなれば練習も楽しくなります。また負けて悔しいと思えば、さらに練習に励むことができます。

最初から試合の練習を取り入れることがどのような練習をすれば自分がすれば強くなれるか考えられるようにもなるので、

初めから試合の練習はしたほうが良いと思います。



目次にもどる










関連記事
            

スポンサーリンク

            
                                  

コメント

非公開コメント