2018年04月 - よろずや 情報館

2018年04月

        

自転車通勤のメリット 通勤できる距離とその効果とは

category - 自転車
2018/ 04/ 30
                 



自転車通勤を始めて約1年が経とうとしています。毎日の日課となった自転車通勤のメリットをまとめてみました。

みなさんも自転車通勤に興味がある方は、直ぐに始められるので挑戦してください。

■目次


 ▶自転車通勤と距離
 ▶1年間続けたメリット
 ▶乗っている自転車
 ▶自転車の整備
 ▶まとめ

■自転車通勤と距離



自転車通勤で最も安定して通勤できる距離は片道5キロです。ゆっくりこいで30分かかるくらいが丁度良い距離です。

それ以上になると毎日通勤するには、よっぽど体力のある人でないと心が折れてしまいます。

よく片道10キロの距離を挑戦してみようという人もいますが、片道1時間も自転車をこぐのを毎日続けていると、疲労が蓄積して1ヶ月も持ちません。

自転車は下り坂だけなら10キロは楽々走れますが、問題は上り坂です。
かなりの体力を消耗するので5キロくらいが妥当だと言えます。

それ以上になると電動アシスト自転車の購入をおすすめします。スポーツタイプのアシスト自転車もあるので坂道を楽々上がっていけます。

少し値段は高いですがアシスト自転車で上り坂は体力を消耗することなく上っていけるようになります。

目次にもどる

■1年間続けたメリット



1年間続けたメリットを紹介したいと思います。自分の通勤距離は片道約5キロです。結構スピードを出すので片道約20分です。

最初の頃は疲れていましたが、今では楽々通勤できるようになっています。体力がついた証拠です。特に足の筋力が付きました。大腿から足がしっかりした感じです。

ケイリン選手も足に筋肉が付いていると思いますが、あんな風にまではいかないですが筋力がつきました。

最大のメリットはストレスを発散できるということです。毎日体を動かして通勤を行う達成感はかなりあります。また運動をすることにより健康になれるので健康に対するストレスは軽減されるので、なかなか運動できない人にとっては、とても良いことです。

目次にもどる

■乗っている自転車





今乗っている自転車はミニベロという種類の自転車です。詳しく説明するとタイヤは16インチで切り替えは7段、でフロントギアを大きくしているので小さくてもスピードは結構出ます。

簡単にいうと小さい折り畳み式の自転車です。何故折り畳み式の自転車かというと持ち運びに便利だからです。

自転車を会社に置いておいても車にすぐ積んで持って帰れるし、タクシーにだって乗せれます。専用のバッグがあれば電車の中も持ち運ぶことができるので、折り畳み式の自転車はとても重宝します。

距離の長い自転車通勤だと本格的なスポーツタイプのマウンテンバイクを選んだほうが疲労は軽減されると思いますが、5キロくらいならミニベロで十分です。
目次にもどる

■自転車の整備



自転車通勤をしていると自転車の整備も自分でしないといけません。バンク修理でいちいち自転車屋に持っていったらかなりのお金をとられるからです。

自分で修理できれば、数百円で済むのに、自転車屋に持っていけば数千円です。

自転車通勤をしていると自転車の故障はしょっちゅう起きます。ですので自分で修理するのをお
すすめします。

今はインターネットを使えば何でも検索できます。自転車のすべての修理の仕方を検索できるのでそれ通りに行えば簡単です。

また修理道具も100円ショップに売っているので、先ずは100円ショップに足を運んでみて、なかったら自転車売り場へ行くとかなりの節約ができます。

慣れてくると1年で自転車の仕組みが分かってくるのでパーツを取り寄せて改造もできるようになります。

あまり懲りすぎると大変ですのでほどほどに修理くらいは自分でできるように挑戦してみて下さい。

目次にもどる

■まとめ



自転車通勤は運動不足の人にとってはとても良い運動になります。特に事務仕事の人は1日椅子に座りっぱなしで動くことがほとんどありません。

自転車をこぐだけでも結構な運動量になりますので自転車通勤を始めてみてはどうでしょうか。

社会人になると飲み会も多くなります。カロリーの取り過ぎで肥満になりそのうち病気になってしまいます。

毎日コツコツ運動をすることが病気の予防にも繋り、仕事を元気に続けられる活力にもなります。

仕事に少し疲れてきた人は自転車通勤て活力アップにつなげてみて下さい。

目次にもどる
                         
                                  
        

釣りの時のライフジャケットの選びかた。まずはしっかり命を守って釣りを楽しもう

category - 釣り
2018/ 04/ 29
                 



釣りをしていて1番気をつけないといけないのは海は危険なのでしっかり命を守るということです。

安易に考えていると海に落ちて大変なことになってしまいます。自分も最初のうちは海をあまくみていましたが、釣りに出ていくようになり、潮の流れの速さや高潮の怖さを知った時に必ずライフジャケットを着用しなければ危ないと思うようになりました。

そこでライフジャケットについて簡単にまとめてみました。

■目次


 ▶危ないところに魚はいる
 ▶ライフジャケット
 ▶肩掛け式
 ▶腰に着用式
 ▶まとめ

■危ないところに魚はいる



魚釣りをしていると最初のうちは港や砂浜といった安全な場所で魚釣りをしていますがあまり魚は釣れません。

だんだん魚釣りに慣れてくると、海に恐怖を抱かなくなりどんどん魚が釣れる場所へと釣りをしに行きたくなります。

そのような場所は沖の堤防や潮の流れが速い場所だったり磯などです。
このような場所は水深も深くとても危険な場所です。

ですが魚も大物が釣れやすい場所でもあります。釣りをしていると最後にはよく釣れて、大物を狙える場所へと移動してしまうのです。

そんな時は必ずライフジャケットが必要になります。

そのような場所でなくても、命を守るために最低限ライフジャケットは必要です。

ライフジャケットと言えばとてもごわごわしたものとイメージするかもしれませんが、今では腰にただ巻くだけの物も販売していて、暑い夏でも着けることができるので種類を見ていきたいと思います。

目次にもどる

■ライフジャケット





ノーマルタイプのライフジャケットです。高いもので数万円します。そのまま落ちても普通に浮くので1番安心です。

1度買えば結構な年数使えるので、1番ポピュラーなものと言えます。冬は防寒対策として使えたり、ポケットが着いてるものは、道具入れとしても使えるので便利です。

しかし夏場はとても暑いし、汗をかいてしまうので、熱中症対策をしなくてはいけません。

また比較的安全な場所での釣り場では、そこまでしなくてもいいのに、とほかの人の目も気になります。

冬場に身軽に釣りをしたいときにライフジャケットがあれば道具も入るので使い勝手はいいかもしれません。

目次にもどる

■肩掛け式





結構今人気があるのが肩にかけるタイプです。普段は肩のカバーの部分に折り畳まれていて、緊急な時は膨らむようになっています。

膨らまし方は、中に二酸化炭素ボンベが入っていて水中に落ちたときに、自動で膨張するものやヒモを引っ張って手動で膨らますものもあります。

価格は自動で膨張するタイプは数万円から手動式は数千円くらいで購入できます。

暑い夏などは最適で簡単に装着できるので身軽に動くことができます。ライフジャケットと違って道具を入れるポケットは付いていないので、道具類を自分で持たなくてはいけないという欠点はあります。

またボンベは1度の使いきりになるので1度使うとボンベを購入しなくてはいけません。ボンベは数千円で買うことができます。

自動膨張式はとても便利なんですが、浅い所でも落ちたら膨張してしまうので、落ちてヒモを引っ張る自信がある場合は手動式がいいと思います。

潮の流れが早く水深も深い場合は自動膨張式のほうが安全ですので使い分けをしてもいいと思います。

目次にもどる

■腰に着用式





基本的には肩掛け式と一緒なんですが、違う点は腰に巻くので1番楽という点です。夏でも気軽に釣りを楽しみたい時は腰に巻くタイプがいいと思います。

価格は腰に巻くタイプは数千円で購入できるのでリーズナブルに使用することができます。

ただ心配なのは高い所から転落した時に腰に巻いているので取れないかということです。

安全面ではライフジャケットよりも劣るかもしれませんが、危険な場所での釣りでなければ充分に使うことができます。

目次にもどる

■まとめ



ライフジャケットは基本的には3種類の中から選ぶのがおすすめです。もしお金に余裕があるのならライフジャケットと肩掛け式や腰に巻くタイプの2種類持っていると、

釣りに行く場所や用途に合わせて使い分けると便利かもしれません。

釣りをし始めた時はそれほど危ない場所には行かないと思うので腰巻き式の手動膨張式がお手軽で購入しやすいと思います。

港での釣りだと充分に命を守れると思います。

目次にもどる





                         
                                  
        

ルアー釣りでよく釣れるエソ。エソが釣れたらどうすべきか

category - 釣り
2018/ 04/ 28
                 



ルアー釣りをしていて高確率で良く釣れる魚はエソと呼ばれる魚です。よくルアーフィッシングの動画を見ていると、エソだー! と言ってリリースするところを見ます。

そりゃポピュラーな魚に比べればエソは見た目も悪くおいしくなさそうな色をしています。

しかし案外自分で釣って食べてみるととても美味しいです。

エソはあまりイメージが悪いですが、イメージ回復の為にエソについてまとめてみました。

■目次


 ▶なぜエソは嫌われる?
 ▶エソは良く釣れる
 ▶どんな料理にする?
 ▶食べる為に釣ろう
 ▶まてめ

■なぜエソは嫌われる?



エソはなぜ嫌われているのか。それはきっとまず見た目が悪いです。歯もギザギザにとがっており目つきもあまりよろしくない。

どちらかというと人間が嫌いなワニや、サメといった危なそうなイメージの顔つきをしています。

タイなどのような穏やかな表情ではありません。

ユーチューブの動画でもエソをすぐリリースしてしまう動画を見てしまうので、エソは駄目な魚でリリースしなければいけないという流れが作られてしまっています。

そのような流れをどうにか良い流れにもっていく為に記事を書いています。

目次にもどる

■エソは良く釣れる



ルアーフィッシングをしていると1番良く釣れるといってもいいくらいエソは釣れます。

あまり名前もよくありませんね。

ヒラメや青物を狙って釣っているのにエソがかかるとかなり落胆してしまいます。

エソは砂の多い場所で、ルアーで底をとっているとルアーに食いついてきます。

結構最初引きますが、大物を狙っているロッドではいともたやすく上げることができます。

大物でなくても、魚が釣れる喜びはあります。せっかくたくさん釣れる魚なので喜びましょう。


目次にもどる
                         
                

続きを読む

                 
        

ルアーでタイを釣ろう 堤防で釣るための道具と場所選び

category - 釣り
2018/ 04/ 27
                 



ルアーフィッシングを始めると、青物や根魚ばかりではなく、タイを釣ってみたくなるものです。

ルアーでタイが釣れるととても得した気分になります。2000円は軽くするタイがルアーで釣れるとなると、かなりのコスパで釣れるので是非挑戦してみて下さい。

タイを釣るための最低限の知識を得る為に簡単にタイを釣るために何をすればよいのか紹介します。

■目次


 ▶タイが釣れる場所
 ▶ライフジャケットは必ず着用
 ▶釣るための道具
 ▶釣りかた
 ▶まとめ

■タイが釣れる場所



タイが釣れる場所は水深が結構深い場所です。すぐそこら辺の浅瀬にはいません。タイを釣りたいと思ったら、水深の深そうな場所をさがしましょう。

港でいうと内湾よりも堤防の外側の潮の流れがある深い場所がタイがいる場所です。

船で沖の堤防に行くという選択肢もありますが、まずは近くの釣れそうな場所から探してみるのも、船賃がかからないのでいいと思います。

目次にもどる

■ライフジャケットは必ず着用



タイが釣れそうな場所というのは、高い堤防であったり、潮の流れが早い場所だったりします。

とても危険が伴うのでライフジャケットは必須のアイテムとなります。ロッドやリールを買うのと同時にライフジャケットも購入しましょう。

堤防は港の中の釣りとは違ってかなり高い場所からの釣りとなります。初めて行くと足がすくみます。

おまけにルアー釣りは遠投しないといけないので万が一足を滑らせて転落となってしまえば、命の保証はありません。

ライフジャケットはあまりにも嫌な人は肩にかけるライフジャケット、腰にまくライフジャケットは普段は折り畳みになっていて、自動で開くものや、手動でボンベのヒモを引っ張ると開くものも

ありますので自分の好きなライフジャケットを選んでください。個人的には腰にまくライフジャケットがポシェットをつけている感覚でとても楽です。

目次にもどる
                         
                

続きを読む

                 
        

ガラホゲーム タッチクルーザーを使ってゲームなを楽しもう

category - ガラホ
2018/ 04/ 26
                 



ガラホでもゲームはできるのか?という疑問はガラホを購入しようかなと思っている人は抱くはずです。

そんな疑問にお答えしたいと思います。今やスマホでゲームをしないと乗り遅れてしまう時代です。

特にLINEゲームはみんなと共有して遊ぶことができるのでやっていないと仲間外れになってしまうかもしれません。

そうならない為にも正しい知識でゲームを楽しみましょう。

■目次


 ▶LINEゲーム
 ▶タッチクルーザーでする
 ▶他のゲームは
 ▶他の端末と併用
 ▶まとめ

■LINEゲーム



LINEゲームはLINEアプリを入れている人は誰もが1度はやったことのあるゲームだと思います。

しかしガラホの人はなかなかLINEゲームをしたことがないと思います。それはガラホではゲームができないという先入観があるからです。

実はガラホでもできるんです。みんなと情報を共有してランキングに参加したり、ゲーム内で他の人とやりとりしたりすることができます。

仲間に入れるんです。1度はゲームを入れてみんなと共有するゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

しかしガラホならではの欠点があります。画面タッチができないので、良いスコアを出せないということです。

いくらやってもスマホの画面タッチのスライドには勝てません。参加することはできてもランキング1位を目指すことは不可能と言ってもいいでしょう。

ゲームはランキングだけではないので、いつもビリでも話題についていったり、みんなと共有できている実感はあるのでとても楽しくできると思います。

目次にもどる

■タッチクルーザーでする



ガラホのLINEゲームの動かし方はタッチクルーザーというマウスのような操作で行うので、スピードをだして次から次へと画面をスライドさせていくには難しいです。

1回1回ポインタのようなものを固定してからスライドさせるので固定までの間に1秒から2秒はかかるので、ロスタイムが生まれます。

スマホですればロスタイムはないんですが、ガラホは完全に不利です。少し楽しむ程度がいいと思います。

目次にもどる
                         
                

続きを読む